1. Home » 
  2. Blog » 
  3. THE glamb TIMES

THE glamb TIMES


  • vol.10 Twenty One Pilotsが見せてくれる新しいポップ


    こんにちは!毎週、英米のインディーズロックチャートを紹介していく僕のブログ。
    今週はアメリカ、Billboard chartを覗いてみましょう!
    http://www.billboard.com/charts/rock-songs

    01. Shut Up And Dance / WALK THE MOON
    02. Budapest / George Ezra
    03. Take Me To Church / Hozier
    04. Uma Thurman / Fall Out Boy
    05. Centuries / Fall Out Boy

    1位から5位の顔ぶれは先週から変化なし!

    80'sリバイバルなWALK THE MOON(以前このブログで紹介)に、
    アイルランドのスピリチュアル系シンガーHozier、
    そしてエモシーンを代表する不動の存在、FALL OUT BOY。

    いずれも20週以上チャートインし続けている曲で、
    この辺りはアメリカのラジオシーンでもかなり聴かれているのでしょう。


    06. Believe / Mumford & Sons
    07. Renegades / X Ambassadors
    08. Tear In My Heart / twenty one pilots
    09. Stressed Out / twenty one pilots
    10. Hold Back The River / James Bay

    そんな中、今週僕がピックしたいのは
    8位と9位で頭角を現し始めているtwenty one pilots!


    タイラー・ジョセフ(vo, key)とジョシュ・ダン(dr)のピアノデュオです。

    実は去年のサマソニでちらりと見ていたのですが、
    彼らの魅力のひとつはライヴ!




    ピアノとドラムの二名だけで同期(事前に作った音源を流す)を駆使して曲を演奏。
    ドラムのジョシュの足元にはパソコンに加えてIpadも置かれていたり、
    おもちゃ箱のように飛び出すいろいろな音色。

    かなり複雑な操作性が求められると思うのですが、
    フロントマンのタイラーはピアノを離れてオーディエンスを煽ったり、
    パフォーマンスで見せる、伝える姿勢がかっこいい!

    メロディもピアノポップなメロディから、歌詞に応じてラップへ、
    曲調もポップス⇔ヒップホップ⇔EDMへとめくるめく展開。

    ロックはロック、ヒップホップはヒップホップ、
    エレクトロはエレクトロなど、
    ジャンルで曲作りにリミットを設けずに、
    感情だとか高揚感だとかに正直に。
    今らしいアーティストのスタンスを感じられるtwenty one pilots。

    歌詞を見てみると、

    We would build a rocket ship and then we'd fly it far away
    Used to dream of outer space,
    But now they're laughing at our face singing "wake up, you need to make money", yeah

    昔はロケットシップを組み立てて、遠くに飛ばしてみたり、
    どこか外の世界を夢見て過ごしたものだけど、
    今じゃ皆が俺たちの顔を見ては「目を覚まして働け」と笑いやがる。
    (訳・テリー)

    完全にニートソングで、インディーロック全開!(笑)

    7月にはさいたまスーパーアリーナで
    ONE OK ROCKのサポートアクトを務めることが決定。

    そのタイミングで日本でも露出が増えると思います。
    僕の予想では、スッキリに出る!!笑

    ということで、ぜひ先取りしてチェックを!


  • 【芸術探訪 vol.11】 週末の予定

    2015/06/10

    CATEGORY:西尾 敏宏

    西尾ブログバナー.jpgvol.11 週末の予定

    皆さんお疲れ様です。

    最近仕事が立て込んでいまして、今週末こそは遊びまくってやろうと折り返しの水曜日にはりきっているわけですが、
    そんなに友達のいない僕が週末遊びに行くとしたら展覧会くらいのものです。

    でも、朝から酒飲みながら電車乗って展覧会場を回るのは一種の中毒性があるんですよね。






    そんな僕が glambの展示会中にしても、dropの物販中にしても、プライベート話になった時に聞かれるのは
    「どうやって展覧会情報を仕入れてくるのか」
    ということです。



    答えは単純なんですけど展覧会情報サイトで調べています。

    たまにFacebookでの投稿から見つけたりするんですが、99%僕はここでチェックしています。

    cinra.jpg
    「CINRA.NET」
    日本最大級のカルチャー情報サイト。
    ここのアート・デザインニュースから情報を仕入れています。



    てなわけで今週末の予定を立てつつ、皆さんにおすすめの展覧会でもご紹介しようかと。



    先ず目に入ったのは
    ヤノベ.jpg
    最早知らない人はいないのでは?級の超大物アートディレクター
    増田セバスチャン。
    そして、日本の現代アートシーンを牽引する超一流作家
    ヤノベケンジ。
    彼の代表作「サンチャイルド」のキーホルダーが森美術館に売っています。

    PID1913.jpg
    愛らしいデザインですね。

    最後に、ライトアップを主な手法とし、京都を中心に東京やオーストラリアなどでも作品を展開する
    高橋匡太。

    同世代の3人による展覧会。

    琳派400年(風神雷神の絵の流派ですね。)を記念して開催されるこの展覧会ですが
    もちろん京都での開催となるため、さすがに見に行くのが億劫・・・。

    関西の皆さん、7月25日以降是非行ってみて下さい。



    次に、これ

    久保.jpg
    フォトグラファー久保憲司の写真展。

    この名前を見てピンときた方はいますか?

    11smt01-m-01-dl.jpg
    そう、彼実はglambともコラボレーションした写真家です。

    ですがまた関西・・・。





    東京周辺で面白そうな展覧会は・・・。

    サイグオツァン_横浜.jpg
    横浜 サイ・グオツァン
    ブログ始めたばかりのときにちらっと紹介した作家ですね。
    横浜ならいけますね。

    ?

    jagda展.jpg
    JAGDAのグラフィックデザイン展
    JAGDAは「Japan Graphic Designers Association(日本グラフィックデザイナー協会)」の略で、
    日本のグラフィックデザイン水準の向上、グラフィックデザインによる社会的貢献を旨とするデザイナー集団です。
    これも必見。

    ?

    ワタリウム.jpg
    ワタリウム美術館のコレクション展
    スーパースターだらけです。会社からも近いんで行きやすい。

    ?


    SANAAの模型を被写体とした作品展
    妹島和世と西沢立衛による気鋭建築家ユニット。
    ルーブル美術館別館をデザインした、今最も注目される建築デザイナーの一組。

    彼らの作品をモチーフに、どんなアートワークが生まれるのか、見てみたいです。

    ?

    ?

    ?

    レコジャケ.jpg
    レコードジャケット展
    dropでの仕事柄非常に気になります。




    これだけ気になる展覧会がありました。
    数週間かけて全部見ようと思います。


    その中で皆さんにおすすめしたいのが
    ダントツでワタリウム美術館です。

    理由は単純で「有名作家が多いから」。
    展覧会にあまり行かない人でも
    南方熊楠
    岡本太郎
    アンディ・ウォーホル
    草間彌生
    オノ・ヨーコ
    寺山修司
    園子温
    わかる名前がたくさんあると思います。

    アート趣味にきっかけとするには絶好の展覧会なのでは?




    という感じで、週末に向けて頑張ります。
    それでは!























THE glamb TIMES
スタッフ5名がそれぞれのテーマ別に連載するブログ。アートや音楽の最新情報からブランドの裏話、さらにはスタッフが飲み屋街を巡る日記に子育てブログまで。これを読めばお洒落になれるのか、はたまた何かの足しになるのか。お約束はできかねますが、皆さんの暇つぶしの選択肢の一つになれるよう「打倒まとめサイト!」を合言葉にスタッフが真心こめて書いて参ります。

THE GLAMB TIMES

2016/09
SunMonTueWedThuFriSat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30