1. Home » 
  2. Blog » 
  3. THE glamb TIMES

THE glamb TIMES

  • 【横丁日記 vol.20】抜け道

    2015/08/18

    CATEGORY:多久和 直利

    連載ブログ用バナー.jpg

    vol.20 抜け道

    自宅から会社へは、自宅→(徒歩)→恵比寿駅→(山の手線)→原宿駅→(徒歩)→会社、といった道のりです


    原宿駅→会社ですが、原宿素人の方は、原宿駅→竹下通り→トンちゃん通り→会社、といった道程を踏む筈ですが、
    我々、原宿玄人は、原宿駅→若干竹下通り→東郷神社→若干トンちゃん通り→会社、といった道筋を歩みます


    そう、世の中には抜け道が存在するのです


    前から疑問に思っている事があります


    ハガキや封書って切手を貼らないと送り主に戻されますよね?

    ならば、送り先に自分の名前を、送り主に届けたい人の名前を書いて、切手を貼らずに投函すればただで送れるんじゃないの?

    と、、、。

    これを思いついたのは小学生くらいでしたが、あまり誰にも話すことがなく30年くらいが経ってしまいました

    どうなのでしょうか?

    どなたか教えて頂けると嬉しいです


    本日は、恵比寿と言ったらここでしょうという飲み屋さんです

    TT1.JPG


    行きつけです

    1号店と2号店がありますがどちらも行きつけです
    写真は1号店

    1号店の方が風情があります

    1号店はウィークエンドに
    2号店はウィークデイにと
    と使い分けています

    TT2.JPG

    1杯目は生ビール、2杯目以降はホッピーへと移行します



    いつもオーダーする厚揚げ

    TT3.JPG

    たまにオーダーするモツ煮豆腐

    TT4.JPG

    たまにオーダーするつくね

    TT5.JPG

    めったにオーダーしないカシラ

    TT6.JPG

    写真はすべて食ベログからひっぱってきたものになります


    はじめて行く方は是非とも豚バラのオーダーをお願い致します




    TAKUログ 3.54
    たつや駅前店
    東京都渋谷区恵比寿南1-8-16 STM恵比寿ビル 1F
    03-3710-7375

    このお店は味ではないです
    1号店は雰囲気を、
    2号店はお母さんとの触れ合いを
    楽しみに行って頂けたらと思います
    また2号店のお母さんですが、
    けっして愛想をふりまくタイプのお母さんではありませんので
    コミュニケーション能力低めの方は1号店に訪れる事をお勧めします

  • blog banner.jpg

    【STAND BY ME vol.24】 トータルコーディネート


    8月16日の昨日、東京では顧客展示会が行われ、
    お盆と猛暑が重なったにも関わらず、沢山の方々に出会える事が出来ました。

    DSC_5834.jpg
    DSC_5836.jpg
    DSC_5839.jpg

    嬉しい事に、東京展に来る方のほとんどは事前にカタログやウェブでアイテムをチェックして、
    そのサイズ確認や最終決定のために、中には東京以外の都市から足を運んでくれています。

    今から数か月先の自分をイメージしながら、どのアイテムをこれから着ていきたいかを
    真剣に悩むお客様を見ると、僕もワクワクした気分になります。
    ファッションが生活の一部になっている僕は、どの洋服を買うかで悩む時が本当に楽しいのでは、
    と思っています。
    今回からは、シンプルで上品なライン、GLAMB by glambの展開も始まり、
    お客様が選べる洋服の幅を増やしていますので、必ず、自分に合う洋服が見つかるはず。

    次の地方展示会は大阪SAMBANATURALにて、21?23日の3日間を予定しています。
    予約締切は今週日曜日の23日。
    あと1週間弱ですが、もっともっと悩んで、自分に合ったスタイルをピックしてもらえたらと思います。
    弊社スタッフが自分なりにスタイルを組んだ、STYLE TODAYも毎日更新していきますので、
    参考までにですがチェックしてみて下さい。

    僕がおすすめするアイテムも少し載せてみようと思います。
    JKT08 : Stellar boa JKT

    15wtjkt09-s-10-dl.jpg
    メルトン地の裏にボアを配した肉厚のジャケット。
    武骨なイメージですが、なめらかで絶妙な光沢のあるメルトン生地が上品さを出します。

    更なる防寒性を求める方へは、インナーにショールカラーのニットを。
    KNT04 : Colleen cardigan

    15wtknt04-s-05-dl.jpg
    シェットランド諸島というスコットランドにある小さな島々から生まれたウールを使用。
    過酷な自然環境の中に生きるシープたちは、自分の身を守るために、
    体をタフで暖かい毛で覆いました。
    色合いも独特で、1本のYARN(糸)の中に様々な色が混ざっています。
    首回りが暖かくなるように配されたショールカラーですが、
    ボタンの脱着により、普通のVカーデにする事が出来ます。

    タフな素材により、毛足が強く長いシェットランドは、インナーにロングスリーブはマストです。
    そんなインナーは、デニムシャツ、チェックシャツが良いでしょう。
    またはglambからの新しい提案となるインナーに着るノーカラーシャツもおすすめです。
    SH02 : Janet SH

    15wtsh02-s-04-dl.jpg
    前身はキメの細かい織りで出来たローンという生地。
    袖を後ろ身は同色で出来たカットソー地。
    伸縮性がないシャツ地の脱ぎ着を改良した生地使いです。
    前身には身生地と同じ色のラバープリントでトライブ柄を乗せました。
    さり気ないディテールが他のインナーと差をつけてくれます。

    全てのコーディネートにおいて、雰囲気を出してくれるアイテムがハット。
    A Hat Makes A Man (ハットで男を完成させるという意味です。)
    今季のハットはビンテージ風リメイクが入ったこちらのアイテム。
    CP02 : Lenny hat
    15wtcp02-s-12-dl.jpg
    15wtcp02-m-09-dl.jpg

    同色のリボンの上に加工の入ったデニムを切ってひも状に巻き付けたコシ部分。
    ブリムに穴を空けて、キジホロの羽を4時の方向に取り付けました。
    配色の裏地にはポマードガード。
    70年代の男性の定番的なスタイリング剤をしみこませないようにつけられたものを再現。
    スベリ部分に押されたゴールドの刻印が高級感を出します。
    一人でも多くの方の手に取ってもらいたいがために、このこだわり商品をお手頃価格でリリースしました。

    足元にはすっきりとしたトゥが印象的なこちらのシューズを。
    AC12 : Robert boots

    15wtac12-s-06-dl.jpg
    ブーツアウトで履いて頂く提案ですが、パンツの裾がシャープに見えるようにサイドゴアを配しました。
    見た目では分かりにくいですが、ヒールをいつもより高めに設定しています。
    履いてみると分かるのですが、かかと部分がノーズと比べると上に上がっているのが感じられるはずです。
    タイトパンツを履いた時に足の長さの違いが分かります。


    他にもおススメのアイテムがありますが、今日はこの辺にしましょう。

    11891096_10155989238755445_5004341462138862092_n.jpg



    今週も頑張ろう。

    TK KUBO
    Instagram:
    @@

THE glamb TIMES
スタッフ5名がそれぞれのテーマ別に連載するブログ。アートや音楽の最新情報からブランドの裏話、さらにはスタッフが飲み屋街を巡る日記に子育てブログまで。これを読めばお洒落になれるのか、はたまた何かの足しになるのか。お約束はできかねますが、皆さんの暇つぶしの選択肢の一つになれるよう「打倒まとめサイト!」を合言葉にスタッフが真心こめて書いて参ります。

THE GLAMB TIMES

2016/09
SunMonTueWedThuFriSat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30