1. Home » 
  2. Blog » 
  3. THE glamb TIMES

THE glamb TIMES

  • 【ベストヒットTERRY vol.16】僕と夏フェス

    2015/08/20

    CATEGORY:寺本 優太

    vol.16 僕と夏フェス


    近況!

    先週土曜から連日のようにフェスに出かけています!


    駅のホームで遠くに見えたカップルを

    昔付き合っていた彼女と見間違え、

    胸を締めつけられたりしながら、

    普段過ごしているぼくですが、

    たまにはリアルが充実した感じにもなるのです。

    そんな僕の夏の思い出をひとり言スタイルで綴っていきます。


    * * *


    先週の土曜にはサマソニへ行った!

    DSC_1098.JPG

    仕事の時よりも早起きして海浜幕張へ、

    今回招待してもらったSPiCYSOLのステージを見るため!

    DSC_1100.JPG

    気合を入れて結構早く着いたのでこの時はまだ空いていたけど、

    演奏がはじまるとかなりの盛り上がっていたなあ。楽しかった。


    せっかくなので、ここでSPiCYSOLを聴こう!




    BLUE ENCOUNTの田邊くんはglambを着てくれていた!

    DSC_1108.JPG

    いつもスタイリストさんとはお仕事しているのですが、

    ご本人にはまだ会えておらず。いつか話してみたいなあ。

    ということで、BLUE ENCOUTも聴こう笑!





    その後、BABYMETALを見たっけ。

    入場規制がかかるほどの混雑で、

    初ベビメタでしたが、純粋に楽しかった!


    でも一番ジーンと来たのは、夕方、最後に見た斉藤和義さん。

    かっこよすぎて滋養すらもらったなあ。




    週が明けて、昨日一昨日は

    新木場スタジオコーストでUKFC on the Road!

    1439908417140.jpg
    ↑ 東京展示会に来てくれるなおちゃんとも遭遇!

    UKFCはBIGMAMAや[alexandros]、telephonesに

    SPiCYSOL、asobiusなど

    glambともフレンドなバンドが数多く所属する音楽事務所!


    どのバンドもかっこよくて、本当に楽しかったのですが、

    一番心が動かされたのは大トリのtelephonesのアンコールかなあ!


    名曲「Love&DISCO」の最中にバルーンがフロアに放たれて、

    曲のポップな世界が目に見えるように広がった!

    IMG_20150819_230151.jpg

    きれいだったなあ。

    ということで、Love&DISCOを聴こう!笑




    * * *

    夏、最高!


    テリー

  • 【芸術探訪 vol.17】 ツギハギシリーズ

    2015/08/19

    CATEGORY:西尾 敏宏

    西尾ブログバナー.jpgvol.17 ツギハギシリーズ

    みなさんお疲れ様です。


    本日はこのグラフィックについて語ろうかなと。
    15wtt02-m-01-dl.jpg15wtt02-m-04-dl.jpg


    GB15WT / T02 : Grunge doll T

    ぼろぼろになった継ぎ接ぎだらけのドールを描いた本グラフィックですが、
    この「ツギハギシリーズ」は過去何度かリリースしており、その度ご好評をいただいています。


    思い返す事3年前・・・。

    僕が初めて描いたツギハギ作品がこれ。
    12att01-m-01-dl.jpgGB12ATT01-5.jpg
    glamb 2012AT Before the last supper-T

    「ツギハギのモンスターたちによる最後の晩餐」をテーマとして描いたのですが、
    ツギハギのモンスターといえば皆さん何を想像しますか?

    120920_FW_main2.jpg
    おそらく一番真っ先に浮かぶのは、おそらくティムバートンのキャラクターでしょう。
    彼の独特なグロテスクなのに愛嬌のあるイラストレーションは、数えきれない程のファンを魅了し、
    そのタッチは「バートネスク(バートン風)」とまで称されています。

    勿論僕もその「バートネスク」の影響を受けてこのグラフィックに挑んだのですが、
    他にも参考にした作品があります。

    dool.jpg
    過去にglambとコラボレーションした「HAJIME」氏の作品。
    今でもオフィスに飾られています。




    40743618.jpg
    そして、あまりに有名なキャラクター「ラットフィンク」。
    カスタムカービルダーの重鎮「エド・ロス」によって描かれた「ミッキーの父親」をイメージしたキャラクター。
    この汚らしくもキャッチ―なキャラクターはアメリカのカスタムカー・カルチャーと結びついて絶対的な支持を得ました。

    わるもんざえもん.jpgimg-digmon.jpg5040a5284e520.jpg
    また、
    僕たちの世代のヒーロー「デジモン」。

    800px-Early_flight_02561u_(2).jpg
    さらに、スチームパンクのノスタルジックでファンタジックな空気感を少々。 


    このように、古今東西様々なモチーフを参考に描いたのがこの
    glambツギハギシリーズなのです。




    如何でしたでしょうか?

    是非ともこのTシャツを着て、その世界を堪能してみて下さい。









    最後に、「芸術探訪」ということで、
    僕が気になっている気鋭の美術作家をひとり紹介したいと思います。


    20090305134310.jpg
    富田 菜摘さん。




    先ほどの「スチームパンクな空気感」
    そして愛嬌。
    アートフェアなど沢山の作品が混在している場にあっても、
    人を惹きつける独特の魅力とアイキャッチを持っています。

    国立新美術館など日本を代表する美術館は勿論、三越本社やフジテレビ本社でも作品を展示。
    テレビ出演も多数。
    頷けるレベルのデザイン力と制作技術です。

    気になった方は要チェック。



    それでは!









THE glamb TIMES
スタッフ5名がそれぞれのテーマ別に連載するブログ。アートや音楽の最新情報からブランドの裏話、さらにはスタッフが飲み屋街を巡る日記に子育てブログまで。これを読めばお洒落になれるのか、はたまた何かの足しになるのか。お約束はできかねますが、皆さんの暇つぶしの選択肢の一つになれるよう「打倒まとめサイト!」を合言葉にスタッフが真心こめて書いて参ります。

THE GLAMB TIMES

2016/09
SunMonTueWedThuFriSat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30