1. Home » 
  2. Blog » 
  3. THE glamb TIMES

THE glamb TIMES

  • 【BACKSTAGE vol.16】 FLAGSHIP SHOP

    2015/09/04

    CATEGORY:野田 凌平


    凌平ブログバナー.jpg

    vol.16 FLAGSHIP SHOP

    20150904-L1003998.jpg
    20150904-L1004035.jpg
    20150904-L1004009.jpg
    20150904-L1004001.jpg
    20150904-L1004000.jpg
    20150904-L1004013.jpg
    20150904-L1003999.jpg
    20150904-L1004021.jpg
    20150904-L1004024.jpg
    20150904-L1004019.jpg
    20150904-L1004011.jpg
    20150904-L1004038.jpg
    20150904-L1004004.jpg

    ネットで洋服を買うことが当たり前の時代です。
    僕自身、年々ネットで買うことが多くなりました。

    それでも、店舗まで足を運び、試着して、店員さんと会話をしながらの洋服選びも、やっぱりいいものですよね。


    20150904-L1003994.jpg
    大手書店が次々営業を終了するニュースを受けて、
    業種に限らず、今一度実店舗のあり方を考えるべきなのではと感じました。






    原宿にお越しになった際は是非、glamb Tokyoへ。


    20150904-L1004026.jpg



    それでは。

    Have a good weekend!!!


  • vol.18 アラサー漫画『失格人間ハイジ』が尖ってる。


    glambには漫画好きが多いです。


    その中でいくと僕はあまり読まない方ですが、

    それでもやっぱり僕も漫画が好きです。


    僕が今年、一番はまっている漫画が野中かをるさんの『失格人間ハイジ』。

    スマートフォンアプリ、comicoで連載中の作品です。(無料で読めます!)


    さて、これまで音楽をメインに書いてきた木曜のブログなのですが、

    ここでなぜ急に漫画の紹介なのかというと、

    僕はこの作品から強いインディーズ精神を感じるからなのです。(インディーズについては以前のブログで書きました。)






    主人公は元々小説家を志し、雑誌デビューも果たしたものの、その後挫折。

    現在は本屋の契約社員として、冴えない日々を送る灰澤修治29歳(上の画像ひだり)。


    そんな彼は、偶然お店を訪れた

    1つ上の30歳の女性編集者、一色ひかる(上の画像みぎ)に一目惚れ。


    その後、上司の誘いを断りきれず参加した合コンで彼女と再会。

    (恋愛漫画ながらふたり接近のきっかけが合コンという、

     アンチファンタジーなストーリー展開がこの作品の特徴!)


    またヒロイン、一色ひかるも、灰澤同様、仕事と恋愛、

    将来についてもやもやとした焦りや迷いを抱く、こじらせ系アラサー女子。




    そんなふたりが仕事で、プライベートで

    少しずつ距離を縮めていくのですが、

    不器用なアラサー男女ならではのさまざまな障害が......。









    灰澤の前にライバルが現れたり......




    さてさて、ふたりはどんな結末を迎えるのでしょう?

    というのが『失格人間ハイジ』のあらすじ。


    確か雑誌『ダヴィンチ』で注目の漫画として紹介されていてこちらの作品と出会ったのですが、

    仕事柄、出版社にも多数同年代の知り合いがいることもあり、すぐさま心がシンクロ!(笑)


    アラサーと恋愛。

    閉塞感、不安、迷い、焦り。

    僕が同世代の友人たちと飲んでいてもそっくり出てきそうな諸問題。(笑)。


    テーマ自体は時代を捉え、対象者も多そうな設定ですが、

    その日常に不必要に砂糖をまぶすことなく、

    現代特有の停滞感を隠すことなく話が進んでいく『失格人間ハイジ』。


    もしかしたらメジャー誌で連載するのには派手さが足りないかもしれません。


    でも『失格人間ハイジ』の版元は、

    漫画業界のインディーズレーベルといえるcomico。


    そして作家性を損なわない自由な作風こそ、

    インディーズがインディーズである証明!


    王子様もお姫様もいないアンチファンタジーな都会の光景。

    そこで起きる恋愛はハリウッド映画のようにドラマチックじゃないかもしれないけれど、

    リアルに登場人物が描き込まれていく度、回を重ねる度、

    そこで起きる恋愛がファンタジーに見えてくる、不思議な作品です。



    今回は音楽の話ではありませんでしたが、

    強くインディーズ精神を感じる作品ということで、

    そしてこうした自由で、主張があって、希望がある作品が

    これからもたくさん出て来たらいいなあという思いから、

    『失格人間ハイジ』をご紹介させていただきました。

    これからも楽しみにしています。


    『失格人間ハイジ』
    http://www.comico.jp/articleList.nhn?titleNo=23



    テリー

THE glamb TIMES
スタッフ5名がそれぞれのテーマ別に連載するブログ。アートや音楽の最新情報からブランドの裏話、さらにはスタッフが飲み屋街を巡る日記に子育てブログまで。これを読めばお洒落になれるのか、はたまた何かの足しになるのか。お約束はできかねますが、皆さんの暇つぶしの選択肢の一つになれるよう「打倒まとめサイト!」を合言葉にスタッフが真心こめて書いて参ります。

THE GLAMB TIMES

2016/09
SunMonTueWedThuFriSat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30