1. Home » 
  2. Blog » 
  3. THE glamb TIMES

THE glamb TIMES

  • blog banner.jpg

    【STAND BY ME vol.32】 glamb SPRING COLLECTION ~ALTERNATIVE~

    本日で関係者様用展示会は最終日となります。
    毎晩沢山の人数でにぎわっているのですが、昨日は久しぶりに高校の同級生に会うことが出来ました。

    12185215_810245495751597_408808224307693944_o.jpg
    高校野球部の同期のしょういち君。 (写真左側)。
    彼と僕は、学生のころからアーティスティックで、部活の合間にスケボーの裏に絵を描いた記憶が懐かしいです。
    そんな彼は、僕と同じ業界に進み、VACATION Tokyoというアクセサリーブランドを立ち上げました。
    独特のセンスを持っている彼に、ピンキーリングを作ってもらう事にしました。
    アクセサリーは、ファッションの中でも特に思い出が詰まるアイテムでもあるので、
    こうやって友達がハンドメイドで作るリングを身に付けられる事は幸せに思います。

    そして写真右側はANTUデザイナーのまさ君。
    LAに2年間住み、NYで4年間ファッションブランドで修業をして今年帰国しました。
    全員同い年ですが、こうやって夢に向かって進んでいく姿を見るのはお互い刺激になります。
    今回のコレクションテーマ、ALTERNATIVEが似合う生き方をしている2人に出会えた事に感謝です。

    さて、明日はglamb Tokyoの顧客展示会。
    そして来週からは地方展示会のシーズンが始まります。
    各店に足を運んで下さるお客様は、すでにコレクションをチェックして気になるアイテムをピックして見に来る方が多いです。
    そんな方々に、僕からのおススメの商品を紹介したいと思います。

    まずはロックスタイルから。
    16spjkt10-s-11-dl.jpg
    glambの定番となっているレザーライダース。
    今回はあえてストレッチの利いたデニム生地で作っています。
    その上にコーティングをかけて、黒いロウを塗ったようなエッジの効いた表情を出しました。
    オールブラックと、袖のみをコーティングした2タイプあるこちらですが、
    ポイントはタイトに着てもストレスフリーたという事。
    ストレッチデニムに加えて、サイドに配したギャザーがさらに伸縮性を高めています。
    着用していくうちに出る肘周りのシワや色落ち、デニム本来のダメージ加工が、
    レザーライダースと差別化をします。

    16spjkt05-s-04-dl.jpg
    トラッドなUKロックをモチーフにしたテーラードジャケット。
    MA-1のディテールをミックスする事により、ストリートな雰囲気を出しました。
    しかしながら、セットアップで展開するテーパードシルエットのパンツを着れば、
    クラシカルで大人っぽいイメージになるかと思います。
    クロップドシルエットのパンツですので、無地Tにスニーカーなんていう
    シンプル&リラックスコーデ時のアクセントにも◎。

    16spknt09-s-05-dl.jpg
    タム糸を使ったヒョウ柄ニット。
    ショールカラーがあることで、軽めのジャケット感覚でスタイリングできます。
    脱着可能になっているため、アウターのインナーや、普段通りのカーディガンとしても使用できます。
    小柄のヒョウ柄模様に、起毛をかけていて、スパイシーな表情の中にぬくもりを感じます。
    写真のように、黒のタイトパンツに白のインナーを合わせるのがおススメです。

    こちらのパンツもglambらしいデザインです。
    16spp15-s-14-dl.jpg
    ストレッチの利いたタイトパンツで、股上と腿周りにゆとりを持たせたデニム。
    製品でケミカルウォッシュをして、ロックなムードを出しました。
    伸縮性のある生地に加えて、腰回りに配されたドローコードで
    ストレスフリーでスタイリングが組めるアイテムとなっています。

    repair denim.jpg
    ローカットスニーカーの履き口ぴったりで収まる少し着丈が短い赤耳デニムです。
    細めのシルエットですが、膝に配されたダーツにより立体的で動きやすくなっています。
    横糸が残っている穴にも後ろから当て布をして、スティッチでリペア。
    バランスのとれたパッチ使いや、汚し加工は全て日本が世界に誇る岡山メイド。



    続いてサーフロックなスタイリング。
    16spjkt06-s-04-dl.jpg
    薄い中綿が入ったスカジャン。
    THEジャパニーズな柄が多いイメージのスカジャンですが、
    glambが提案するのはアロハ柄。
    陽気なキリストがウクレレを弾きながら平和を祈っているハッピーな刺繍になっています。
    リバーシブルとなっているこちらの裏面は、glambオリジナルの総柄。
    16spjkt06-s-05-dl.jpg
    パラソルにハンモックとヤシの木。
    どちらもボヘミアンな柄を使った遊び心のあるピースフルなジャケットを作りました。

    16spknt13-s-04-dl.jpg
    アズテックと言われる先住民族が使用する柄をベースにビビットな色使いのカーディガン。
    コンチョボタンを使う事でヒッピーなイメージがより一層増します。
    インナーに合わせるのはクタっとしたコットン素材を使用したカットソー。
    ビールの柄や、PARTYの文字が入ったアイテムを展開していますので、
    そちらとの相性がバツグンかと思います。

    16spknt12-s-05-dl.jpg
    カリフォルニアのナンバープレートをモチーフにした可愛らしい配色のニットに、
    ベージュのシングルライダース。
    薄手で柔らかいスエード素材にジャストフィットのニットを合わせれば大人な雰囲気に。
    パンツはタイト目のシルエットを選んで頂けたらと思います。

    16spp11-s-12-dl.jpg
    リラックスコーデの定番のパーカー。
    爽やかなカラバリで展開するこちらのパーカーは、ニットで編み立てられています。
    ドローコードの先に付いたボーダーがさり気ない可愛さを出してくれます。
    インナーに着たカットソーは両面パイルを使用しています。
    そのさわり心地はまさに上品なタオル。
    サーフボードに乗ったクマがパイルの毛足でもこもこしている所もポイントです。

    ボトムスに着用しているのは、股上が深いテーパードシルエットのパンツ。
    Img98255.jpg
    渋めのトーンの生地でリペアしたアンクル丈のパンツです。
    シルエットが変わった一枚ですので、普段のシンプルコーデをスパイスアップしたい方におススメ。
    ジャストサイズのTシャツに合わせたり、あえてゆるめのニットと合わせるのも可愛いかと思います。



    綺麗目なイメージの方には、こんなアイテムも。
    16spjkt09-s-06-dl.jpg
    ネイビーにバーガンディーというクラシックカラーのテーラードジャケット。
    フェイクレイヤードで2重になった内側は、ジレの様な裾のカッティング。
    ボタンを閉めて着用するのも、襟を立ててモードに着こなすのもお洒落なアイテムです。
    くるぶしが丁度見えるレングスで設定されたパンツとセットアップで着るのがアダルト。

    16spjkt14-s-05-dl.jpg
    春のスタイリングには欠かせないトレンチコート。
    glambらしく、薄手のデニムを使用しました。
    5ポケットデニムをモチーフにしたディテールで、オーソドックスなトレンチには存在しない、
    バックポケットを配して、後ろからもスキが無いデザインとなっています。
    注目して欲しいのは、クールマックスという素材。
    速乾性をもち、いつでも快適に羽織ることが出来ます。
    ワンポイントで胸元にハートがプリントされたカットソーとも相性がバツグンです。


    glambの春コレクションは1月からの納品になります。
    これからどんどん寒くなっていきますが、風邪をひかないように冬を乗り切り、
    沢山お洒落を楽しみましょう!


    IMG_7057.jpg
    わたくしごとですが、シエナが産まれた時にモデルのディーンからもらった靴が入るようになりました。
    今回から髪を切ってイメチェンしたディーンですが、撮影中も常に気合が入っていて、
    glambの洋服をさらにかっこよく着こなしてくれました。
    いつも、本当にありがとう!



    TK KUBO
    Instagram:
    @@

  • blog banner.jpg

    【STAND BY ME vol.31】 glamb SPRING COLLECTION ~ALTERNATIVE~

    本日12時にglambのスプリングコレクションが公開になりました。
    今回のテーマはALTERNATIVE。

    直訳すると選択肢って意味だけど、
    一番ポピュラーな良い方だと、メジャーでない。って意味が近いと思います。

    独自のスタイルやテイストと共に生きている人やジャンルの事を表しますが、
    例えばミュージシャンやアーティスト。

    僕たちはそんなイメージをベースに洋服を作り上げていきました。
    しかし、glambが提案するアイテムは必ずしもアーティストのためにデザインされている訳ではありません。
    なぜなら、自分の意志をしっかりと持った人は全員ALTERNATIVEだから。
    そんな方々にお届けしたい、glambらしいウィットが利いたアクの強いコレクションがこちらです。

    16spjkt15-s-06-dl.jpg

    16spjkt07-s-07-dl.jpg

    16spjkt06-s-04-dl.jpg

    16spjkt05-s-05-dl.jpg

    16spknt09-s-05-dl.jpg

    16spsh11-s-02-dl.jpg

    16spknt13-s-04-dl.jpg

    16spcs10-s-03-dl.jpg

    16spknt14-s-07-dl.jpg

    ロックファッションだけでなく、サーフやボヘミアンなどのスタイルにもマッチし、
    より多くの方に気に入ってもらえるコレクションになったと思っています。

    僕自身、ファッションデザイナーになる夢を描いたのは16歳の時。
    それから11年経った今、こうやってALTERNATIVEな生き方について見直した時、
    これからの自分も今まで通りに目標や夢に向かって一歩ずつ進んでいき、
    その過程を楽しみながら、成長出来たらなと思っています。

    こちらは今日の展示会の様子。
    IMG_6968.jpg
    BIGMAMAの金井政人さん。

    IMG_6967.jpg
    右から[Alexandros]の白井 眞輝さん、BIGMAMAの柿沼広也さん、クリープハイプの小川幸慈さん、
    スタジオミュージシャンの堀崎翔さん、BIGMAMAの東出真緒さん。

    IMG_6965.jpg
    俳優の忍成修吾さん。

    IMG_6966.jpg
    シンガーソングライターの近藤晃央さん。

    IMG_6960.jpg
    MEN'S NON?NOの編集長と副編集長。

    IMG_6946.jpg
    今季イチオシのスカジャンでペアルック。




    TK KUBO
    Instagram:
    @@

THE glamb TIMES
スタッフ5名がそれぞれのテーマ別に連載するブログ。アートや音楽の最新情報からブランドの裏話、さらにはスタッフが飲み屋街を巡る日記に子育てブログまで。これを読めばお洒落になれるのか、はたまた何かの足しになるのか。お約束はできかねますが、皆さんの暇つぶしの選択肢の一つになれるよう「打倒まとめサイト!」を合言葉にスタッフが真心こめて書いて参ります。

THE GLAMB TIMES

2016/09
SunMonTueWedThuFriSat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30