1. Home » 
  2. Blog » 
  3. THE glamb TIMES

THE glamb TIMES

  • 【横丁日記 vol.27】愛すべき元上司

    2015/11/10

    CATEGORY:多久和 直利

    連載ブログ用バナー.jpg

    vol.27 愛すべき元上司

    早いもので、社会人になり16年が経とうとしております

    この16年、公私含め様々な方と巡り合いました

    本当に様々な方と巡り合いましたが、今回は最初の就職先で出会った愛すべき男性が主人公です

    最初に入った会社は売上1000億円以上の上場企業をクライアントに、固定費圧縮プランを提案する会社でした
    当時の売上高は400億円

    2年目から異動になった東京本社には社長や部長が席を置いておりました

    400億円の会社をリードする社長や部長の人物像はキングダムの王騎 を想像して頂ければ間違いないと思います

    豪傑です

    飲み方や遊び方もハチャメチャです

    当時社長から
    「多久和、たとえお前が痴漢をしても首にはしないぞ!」
    と言われ何の事かと聞き流していましたが

    僕が会社を変えた数年後、その社長が痴漢で捕まったのをニュースで見て
    あの言葉本当だったんだなと、こみ上げてくるものがありました

    前置きが長くなりましたが、そんな社長や部長、会社の上層部から一目を置かれ、
    末端社員までも羨望の眼差しをむける大西さんが今回の主役です

    大西さんは一匹狼のような男でした

    社長や部長から期待される物の、そんなことは俺には関係ねぇという体は
    係長⇒部長⇒課長と乱高下する肩書からも見て取れます

    僕の何を気に入ってくれたのか、
    大西さんと僕はいつも一緒でした

    ある時は、商談前に大西さんと僕の名刺を交換させられ、
    多久和(大西さん)「どうもはじめまして、早速提案に入らせて頂きたいのですが、その話は大西(多久和)の方から話させて頂きます」
    という具合に無茶ぶりをされるのでした

    ある時は、アポイントの時間を5分過ぎても担当者が出てこないと、帰るぞっ!と颯爽とスーツを羽織ったので腕を捕まえて何とか待ってもらったこともあります

    ある時は丸の内の交差点のど真ん中で、よし俺を蹴れっ!と言われそれは出来ない旨を伝えると、ではこちらからだとビンタされたこともあります

    アサヒビールの副社長にアポイントが取れた時は、現地待ち合わせにしようという事になりましたが、結局現れる事はありませんでした

    おそらく役職を演じきって話させる事が営業トークを伸ばす近道だったのでしょう
    時間(納期)を守らない事が社会人にとって最大の罪だと教えてくれたのでしょう
    テンションが低かったのかな?
    意味のない営業に時間を割くなということでしょう


    大西さんといた1年がどれだけ僕を成長させてくれたことか

    社会に出てはじめて入る会社の上司がその後の人生を左右すると思います
    これはけっこう断言出来ます
    迎え入れる方、そのことに自覚を持って新卒と接しましょう
    新卒の方、魅力的な上司がいなかったらさっさと辞めましょう


    さて、現在のラフバレーを立ち上げた当初、古谷と足で見つけた美味しい鉄板焼き屋さん不二
    FJ01.JPG






    FJ02.JPG


    FJ03.JPG

    FJ05.JPG

    FJ04.JPG







    無愛想な大将が僕の性に合います
    豚ロースが特にお勧めです

    豚ロースステーキ
    ハンバーグステーキ
    野菜炒めベーコン入り
    生ビール
    瓶ビール
    で確か4000円
    うん、安い!!


    TAKUログ3.65
    ステーキハウス鉄板焼不二
    東山3丁目13−17 ロジュマン東山 1F
    03-3710-0301








  • blog banner.jpg

    【STAND BY ME vol.33】 glamb SPRING COLLECTION ~ALTERNATIVE~

    昨日は東京店の展示会。
    沢山のお客様が足を運んでくれました。

    今回は特別に、glambとの数々のコラボレーションで有名なJAM HOME MADEさんにお越し頂き、
    自分でハンマーを叩きながらリングを作る、『名もなき指輪』のブースを開いてくれました。
    12191526_967574159970284_7460935310369525509_n.jpg

    僕は自分と奥さん、シエナのためにピンキーリングを作成。
    IMG_2362.jpg
    IMG_7118.jpg
    シエナには大きすぎるので、サイズが合うまでネックレスとして使うことに。

    関係者用展示会はPARTYのような雰囲気ですが、お客様用展示会でもこういったイベントが出来たら楽しいですね。

    東京店の展示会に来て下さる方々は、glambの中でもコアな人というか、常連さんが多い気がします。
    そういったお客さまの声や選ぶアイテムこそが、結果として毎コレクション最も売れる商品になる可能性が高いです。

    中でも人気だったのが、こちらのアイテムです。
    16spjkt05-m-01-dl.jpg
    JKT05 : Maverick tailored JKT
    着回しの利くテーラードですが、袖の切り替えで遊び心があり、
    セットアップのクロップドパンツと一緒に着用して、袖をまくれば一層スポーティなイメージに。

    16spjkt15-m-01-dl.jpg
    JKT15 : ACE coverall
    ライトオンスのデニムの上からレザーを使ってリペアしたメイドイン岡山ジャケット。
    ブラックのスキニーパンツと合わせるのもいいし、カーキやベージュのチノやカーゴパンツで合わせるのも◎

    16spknt01-s-01-dl.jpg
    KNT01 : MIst Creed knit
    glambらしさがふんだんに入ったニット。
    ブークレーというもじゃもじゃの糸をボディに使い、大き目のアームから袖口にかけてしゅっとした
    ラインになるように、ロングリブを+。
    写真のように太い袖をたるませるのも有りだし、リブを折り返して袖をたるませない事も可能。

    16spknt03-s-01-dl.jpg
    KNT03 : Nolt caridgan
    モール糸という薄手の毛羽立った糸を使用。
    ぬるっとするような独特の肌触りは室内、室外問わず快適に過ごせます。
    こちらも、上の写真のMist Creed knitと同様の袖が付いているので、2WAYでの着用が出来ます。

    16spcs01-s-02-dl.jpg
    CS01 : Nova parka
    今年の秋コレクションから使用されている素材のヤクを使い、パーカーとサルエルパンツを作りました。
    裏毛パーカーとの違いはその暖かさと軽さ。
    着れば分かるカシミアの様な柔らかい素材感はヤミツキになること間違いなし。
    個性的は形のセットアップのパンツも、リラックスしたい時には勿論のこと、外出時も他のパンツに見劣りしません。

    16spknt14-s-03-dl.jpg
    KNT11 : Melody knit
    愛らしい音符柄をボーダーのように配したカーディガンは、
    インパクトがあるわりに全体的にアダルトなムードが出ています。
    ジャストサイズとなっていますので、インナーには白いカットソーで、ボトムスはタイトパンツで合わせるのがいいかと。

    16spcs12-s-01-dl.jpg
    CS12 : Bull CS
    KING OF POPといえばマイケルジャクソン。
    それをギャグとしてもじったのが KING OF DOG。
    あえてふてぶてしい悪そうなブルドッグを使い、マイケルの定番アイテム、赤いライダースを着用させました。
    このブサ可愛いカットソーを着れば、女の子にモテる可能性アリ。

    16spt01-s-01-dl.jpg
    T01 : MUSICIAN T
    音楽シーンを盛り上げた、数々のレジェンドの顔をゆるタッチで表現。
    あえてヘタクソに描かれた落書きのポートレイトになぜか目が行ってしまいます。
    黒ボディーに黄色のプリントが入ったカラバリがおすすめ。

    明後日は新潟の展示会になります。
    新潟の皆さん、お楽しみに!!

    12193678_10156241721835445_4642170302803426837_n.jpg
    12191885_10156241721770445_4672967942276438876_n.jpg
    11046212_10156241722140445_2257013864294678179_n.jpg
    12191000_10156241722550445_6870532717312512588_n.jpg
    写真はハロウィンの時の。
    友達が働いているアメリカ大使館のコンパウンド(ゲートで隔離された、アメリカ人用の住宅や病院がある場所)
    にお菓子をもらいに行きました。
    アブー(シエナ)を乗せてTrick or Treatingしたかったので、空飛ぶじゅうたんを作ってみました。
    飛んでるように見えるかな?



    TK KUBO
    Instagram:
    @@

THE glamb TIMES
スタッフ5名がそれぞれのテーマ別に連載するブログ。アートや音楽の最新情報からブランドの裏話、さらにはスタッフが飲み屋街を巡る日記に子育てブログまで。これを読めばお洒落になれるのか、はたまた何かの足しになるのか。お約束はできかねますが、皆さんの暇つぶしの選択肢の一つになれるよう「打倒まとめサイト!」を合言葉にスタッフが真心こめて書いて参ります。

THE GLAMB TIMES

2016/09
SunMonTueWedThuFriSat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30