1. Home » 
  2. Blog » 
  3. THE glamb TIMES

THE glamb TIMES

  • 【STAND BY ME vol.35】 朝の30分

    2015/11/30

    CATEGORY:TK

    blog banner.jpg

    【STAND BY ME vol.35】 朝の30分

    こんにちは。
    glamb春コレクションの受注期間も終わり、ほっとしたと思いきや、
    実はもう夏に向けてのデザインが3分の1ほど進んでいるオフィス事情です。

    これから寒くなるのに、夏物をデザインするわけですが、
    僕の気持ちも夏に戻そうと、インテリアを少し夏っぽくしてみたり、サーフィンに行ってみたりと試行錯誤をしている。

    IMG_7686.jpg
    12313718_10156325445780445_3049759966792542157_n.jpg
    IMG_7690.jpg

    真夏のジャングルのようになっている内装に、クリスマスデコレーションとシエナのおもちゃが加わり
    かなりごちゃごちゃしている状態。
    クリスマスの飾りって、年に1回しか使わないから保存も大変だし、いつも同じテイストになってしまうので飽きてしまう。

    ff2f69a9c3daea5e6b84bfa12b47906d.jpg
    本当は、今年はこんな感じにしたいんだけど、来年も同じ気分でいられるか分からないから、
    買い替えるのも難しい。
    クリスマスデコレーションの交換サービスがあったら毎年違う飾りが出来て楽しいんだけどなぁ。。。

    そんなジレンマを抱える僕は、朝活を始めることにした。

    アマンダが先生として働きだした保育園にシエナも一緒に行くため、
    いつもより1時間早く起きることになったからである。

    YOGA

    YOUTUBEを起動して、毎日違うYOGAを30分ほど行う。
    レッスンの容易さは勿論の事、僕が一番気にするのは、
    先生の美人さと声、背景とBGMである。

    1日をどんな気持ちでスタートするかは仕事にも、私生活にも影響するのでなるべく有意義に過ごしている。

    今の季節は、YOGAをしている間に浴室乾燥でシャワールームを温めて、
    リビングの床暖房を付けてマットをひいて、電気はあえてつけずに、カーテンを少しだけ開けて
    自然光をこぼれ日のように感じながら、60インチのTVの中にある綺麗な世界にワープした幻想と共に、
    カチカチの体をほぐしていく。
    レッスンが終わり、シャワーを浴びる時も、リラックスする音楽をスピーカーにつなぎ、
    朝の支度や出勤時もその音楽を聴いている自分は、現実逃避をしているようだけど、
    なんとなくヤミツキになりそう。

    YogaPhoto_Pose1-748x561.jpg
    クリスマスが終わったら、こんな感じの部屋にしよう。

    12316203_10156325446000445_5054564449618965966_n.jpg
    保育園から疲れはてて帰ってくる先生と生徒。

    12295377_10156325445835445_8797460749872200052_n.jpg
    11月22日、良い夫婦の日は奥さんに手作りポークリブを作って、テラスで食べてみました。

    12311072_10156325445895445_5163613768030128264_n.jpg
    12301557_10156325445800445_1544086982993106347_n.jpg
    シエナはアルファをお風呂に入れられるまでになりました。

    12308257_10156322607105445_2605096675721701731_n.jpg
    サングラスを10秒ぐらいキープできるようになりました。

    12295415_10156322606865445_3121578462089300879_n.jpg
    チョコレート系のシェイクも好きみたいです。



    今週も頑張ろう。

    TK KUBO
    Instagram:
    @@


  • 【芸術探訪 vol.21】 ポストモダニズム

    2015/11/25

    CATEGORY:西尾 敏宏

    西尾ブログバナー.jpgvol.21 ポストモダニズム

    みなさんお疲れ様です。


    先日、茨城県水戸市へ行きまして
    兼ねてから見てみたいと思っていた、ある場所に寄ってみました。




    タワー.jpg
    水戸芸術館!


    このユニークなタワーをシンボルとした当館、
    建築界の巨匠、磯崎新氏による代表的な作品として知られています。



    さっくりと磯崎新という人物について説明しますと・・・。


    1960年代頃まで、建築とは「四角い箱型が合理的」という考え方が一般的でしたが(こういった建築をモダニズム建築といいます)、
    「それじゃ退屈だ、合理的ではあるけれどもっとデザインチックなものを作ろう」
    という考え方のもと「ポストモダン建築」が生まれました。


    そのポストモダン建築の日本における第一人者が磯崎新氏。


    彼は、国際的な関わりがとても強く、日本の建築デザイナーたちを世界に知らしめた立役者としても知られています。
    また、皆さんもよく知っている「ザハハディド(新国立競技場のデザイナー)」の才能を見出し、
    その地位を押し上げた人物でもあります。




    と、あまり建築には詳しくない僕ですが、
    まあとにかく「スゴイ人」なのです。





    と、そういった話をふまえつつ・・・。




    入口.jpg

    中に入ってみました。


    そしてエレベーターで展望エリアへ・・・(入場料200円)。



    エレベーター内.jpg
    エレベーターからタワー内を撮影。
    見えづらいですが、内部もメカメカしててかっこ良いです。





    エレベーターに載のることおよそ1分半。


    ようやく展望エリアへ到着!





    展望エリア.jpg


    狭。




    でもSFチックで面白いです。







    窓.jpg
    茨城県を一望できる、というのではなく、
    多数開いている小さい窓から切り取られた景色を眺めるというスタイル。
    悪くないです。
    「ここから覗くと???が見えますよ」形式。




    展望することおよそ1分、そろそろ頃合いだと思い、エレベーターの「降りる」ボタンを押し、
    およそ1分半エレベーターが上がってくるのを待ち、さらに1分半かけて地上に降りました。





    そんなわけで兼ねてからの願いを叶えたのでした。









    最後に洋服の話をしますが
    僕はこのポストモダン建築のような「オーソドックスを抜け出した」デザインが好きです。



    今季glambのアイテムでいうと、



    16spjkt05-s-05-dl.jpg
    まさにこれ
    グラフィックデザイナーではありますが、
    今回はこのジャケットを推したいです。




    ポストモダニズムは「ラディカルな折衷主義」といわれますが、
    このジャケットの、
    洋服としての合理性(着やすいかどうか、耐久性等)を維持したまま
    テーラードジャケットとミリタリーウエアを良いとこどりしたデザインはお気に入り。
    早くも到着が楽しみです。



    というわけで、オーダー集計が終わってしまう前に滑り込みよろしくお願いします!
    それでは!
































THE glamb TIMES
スタッフ5名がそれぞれのテーマ別に連載するブログ。アートや音楽の最新情報からブランドの裏話、さらにはスタッフが飲み屋街を巡る日記に子育てブログまで。これを読めばお洒落になれるのか、はたまた何かの足しになるのか。お約束はできかねますが、皆さんの暇つぶしの選択肢の一つになれるよう「打倒まとめサイト!」を合言葉にスタッフが真心こめて書いて参ります。

THE GLAMB TIMES

2016/09
SunMonTueWedThuFriSat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30