1. Home » 
  2. Blog » 
  3. THE glamb TIMES

THE glamb TIMES


  • vol.26 [Alexandros] 幕張公演


    遂に今年最後のブログ更新となりましたが、

    12月19日、2015年を締めくくるライヴを見てきました。






    [Alexandros] 、幕張メッセ!


    [Alexandros]を初めて見たのは

    BIGMAMAとの対バンだった赤坂BLITZ。

    調べてみると、3年前の11月でした。(アー写が懐かしい......)


    それから何回もZEPPでの公演を見て。

    STUDIO COASTでPRIMAL SCREAMのオープニングをやったのも見て。

    バンド名が変わることになった武道館も見て。

    そして、2015年の締めくくりとなる幕張メッセ。


    ここまで、何度もモデルとしてご一緒してもらい

    近くでずっと見せてもらってきただけに、

    深い、深い感慨のある時間になりました。


    洋平さんのことを本当に尊敬しているのは、

    「グラストンベリーのヘッドライナー」という目標を

    どんな時も掲げ続けていること。


    いつそれについて質問を投げかけても、

    そのゴールが揺らいだり、

    不安を抱いているような瞬間をぼくは一度も見たことがありません。


    だからこそ、2万人以上の集まった幕張メッセで

    巨大なセットの中で演奏する4人を見ると、言い表せない興奮がありました。


    特に印象深かったのはアンコールでの「Girl A」。





    何万人を前にして演奏されるべき曲が、

    実際に何万人の前で鳴らされているのを体感できたのはとても貴重なことでした。


    次はどこまで向かうのかと、来年が待ち遠しいです。


    ↑終演後に記念撮影。宝物!


    テリー

  • 【横丁日記 vol.31】タク進化論

    2015/12/22

    CATEGORY:多久和 直利

    連載ブログ用バナー.jpg

    vol.31 タク進化論

    今年も残すところあと9日

    今回が本年最後のブログとなります


    皆さん、世の中にタク進化論なるものが存在する事はご存じだろうか?

    知ってる人ー??

    ハーイ(^O^)/

    ハーイ(^O^)/

    はい、ハーイ(^O^)/

    ちらほらいるようですね

    ではタク進化論がいかなるものかご存知の人は??

    ・・・

    ・・・・・・

    皆さん、その名は知れど、内容まで理解している人はいないようですね

    今年最後のブログは、あらためてタク進化論を皆様にお伝えしましょう
    (特にヴァージョンアップはしているわけではありませんが、風化をさせない為に)



    タク進化論(提唱者:多久和直利)


    まず、戦争が起こる(または起きている)理由を考えたことがあろうか?

    宗教戦争、民族間戦争、領土戦争など、戦争は十把一絡げで括る事は出来ないだろうが、
    (表層ではなく根底を考えると)その理由は1つに集約されるのではないかと考えている

    「言語の違い」なのでは、と


    話は変わるが、皆さんフィリピンパブに足を踏み入れたことがあるだろうか?

    キャバクラなどの場が苦手な僕でも、お店をあとにする頃にはフィリピーナの無邪気な人柄に心をほぐされ、後ろ髪をひかれる気分になる

    この案件に関しては「言語の違い」が好転した事例だと考えられる

    「言語の違い」がある為、微妙な空気感を捉える事が出来ず、天真爛漫な笑顔をひっさげ土足で心に踏み込んだ結果なのだと

    ところが、
    国対国
    宗教対宗教の話し合いが同じように(上手い具合に)いくのか?

    こたえは否

    言語の違う者どうしが、言葉の裏に潜んだ微妙なニュアンスを同じ価値観で共有するのはなんとも難しく
    行間や表情の裏に隠された本質を見抜くのは大変困難である

    今後、時間をかけて、言語は(今の使用人口から考えても)英語に一本化されると思う

    世界中で英語が使用される頃には国という概念がなくなることであろう

    安室奈美恵の出身地をきいて

    (沖縄ね)ハイハイハイ♪
    と頷くのと同じ様に

    こんなやりとりがなされるであろう

    A 「(英語で)ドッカラキタノー?」

    B 「(英語で)アゼルバイジャン」

    A 「(英語で)ハイハイハイ♪」

    という具合に


    国という概念がなくなったその頃には、宗教も集約の方向に向かうのではないか

    僕は無宗教で、(なおかつ)それぞれの宗教の考えに深い知識を持っていない為多くを語る事は出来ないが、
    統一言語(英語)の説法や、共通言語(英語)での宗教論争は、それぞれの欠落した部分を露呈するのではなく、
    むしろ、今まで目を向けるに至らなかったそれぞれの魅力を惹き出すのではないかと考える

    では、異なる国(領土)や宗教どうしの紛争がなくなり、平和に満ち足りた民たちの欲望は天井にいきつくのか?

    こたえは否

    国という概念がなくなったその頃、民たちは人種を超えたsexに精を出すことだろう

    (今の自分を中心に考えると)日本人 ⇔ 日本人の相関図は

    日本人 ⇔ パプアニューギニア
    日本人 ⇔ エスキモー

    といった具合に世の中には(今でいう所の)ハーフやクウォーターだらけになるのである

    人種という概念がなくなったその頃、民たちは性の壁を超えたsexに精を出すことだろう

    (今の自分を中心に考えると)男 ⇔ 女の相関図は

    男 ⇔ 女
    男 ⇔ 男(ゲイ)
    男 ⇔ 男、女(バイ)
    女 ⇔ 男
    女 ⇔ 女(レズ)
    女 ⇔ 女、男(バイ)

    ※ここで深く話すのは割愛するが、細かい所では
    ゲイ(タチ)⇔ゲイ(ネコ)の相関図も
    ゲイ(タチ)⇔ゲイ(タチ)という風へと選択肢を広げる

    という全6バージョンへと選択肢を広げるのである


    では性という概念がなくなったその頃、民たちの欲望は天井に突き当たるのか?

    こたえは否

    性という概念がなくなったその頃、民たちは種の壁を超えたsexに精を出すことだろう

    身近な所では

    人間 ⇔ 猫
    人間 ⇔ 犬

    などからはじまり

    人間 ⇔ オオサンショウウオ
    人間 ⇔ インコ

    など、種の趣味嗜好を広げ

    シロナガスオオクジラ人間 ⇔ 人間ペンギン
    人間ヘラクレスオオカブト ⇔ スパイダーマン
    (〇〇人間、人間〇〇に関しては染色体の多さで名前列順が決まる)

    など、種の交錯を深めるのである


    ちなみに、(今の価値観を残し)この頃に僕が、輪廻転生をし生まれ変わるのであればタクアメリカンショートヘアになることだろう

    では、タクアメリカンショートヘアは、そこから進化を遂げる事がないのか?

    こたえは否

    この現世(このブログを書いているまさに今)、大好物に挙げられる蕎麦が、(その価値観が沈殿している記憶の奥底から蘇り)恋愛対象に名を連ねるのではないかと考えられる

    タクアメリカンショートヘア ⇔ へぎ蕎麦

    この頃のsexは、
    蕎麦に精子をふりかける
    若しくは
    子宮に蕎麦の実を入れる
    など

    快楽を超えた、愛に満ちたsexがされることでしょう

    長くなったが

    愛が地球を救う

    それがタク進化論なのです

    さて、本年度最後のTAKUログはここ
    TS01.JPG

    蕎麦屋
    (このブログも記憶の沈澱という事を手伝う事であろう)

    白金の名店、利庵

    週に2回、蕎麦を食べる僕が1番大好きな蕎麦屋さんです

    出し巻玉子
    TS03.JPG

    メニューはこんな感じ
    TS02.JPG


    個人的にはいつものせいろがお勧めです
    TS04.JPG

    TAKUログ 4.77
    利庵
    東京都港区白金台5-17-2
    03-3444-1741

    最後になりますが、本年度も本当に、本当にありがとうございました☆
    クリスマス前というこの時期にあり少し早いですが、皆様も良いお年をお迎えくださニャーォ

    タクヘギソバアメリカンショートヘアより

    良いお年をー(^_-)-☆

THE glamb TIMES
スタッフ5名がそれぞれのテーマ別に連載するブログ。アートや音楽の最新情報からブランドの裏話、さらにはスタッフが飲み屋街を巡る日記に子育てブログまで。これを読めばお洒落になれるのか、はたまた何かの足しになるのか。お約束はできかねますが、皆さんの暇つぶしの選択肢の一つになれるよう「打倒まとめサイト!」を合言葉にスタッフが真心こめて書いて参ります。

THE GLAMB TIMES

2016/09
SunMonTueWedThuFriSat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30