1. Home » 
  2. Blog » 
  3. THE glamb TIMES » 
  4. 2015/09

THE glamb TIMES

  • 【横丁日記 vol.24】得手不得手

    2015/09/29

    CATEGORY:多久和 直利

    連載ブログ用バナー.jpg

    vol.24 得手不得手



    人には得意不得意があります

    僕にはたいした取柄はありませんが、一つ挙げるとすれば痛みに強いという得手を持っております


    高校1年生の時、2限の体育の授業中にその事件は起きました

    バスケットの試合の最中、須藤君改め運動音痴君、ここではウンチ君としておきましょう

    ウンチ君が、僕へパスされるボールをめがけて突っ込んできました

    ウンチ君の膝が僕の右太ももへとぶつかったものの、

    ジェントル多久和は彼が悪気がない事を知っている為、以降気を付ける様にと注意をしその場を終わらせました


    何の違和感も覚えずその日を過ごしておりましたが、

    4限の最中に急に吐き気と貧血に襲われました

    その原因は分からないものの意識もおぼろで、前の席の須藤君、おっと須藤君改めウンチ君に肩を貸してもらい保健室へと運ばれました

    その後は救急車が呼ばれ病院へと搬送されましたが、

    診断は右太もも肉離れ

    確か、「肉離れには4段階の進行があり」という説明をうけました

    筋肉の膨張がひどいレベル4は患部にメスを入れ膨張を邪魔しないようにするとの事を言っていた記憶があります

    僕の症状はというとその直前のレベル3

    レベル4には満たなかったもののコンクリートかっていうくらい太ももは固くなり

    以降数カ月、松葉杖での生活を余儀なくされました


    話を戻しますが、記憶を遡ると痛かったなーと思い出すのはそのくらい
    歯を抜いた時も
    刺青を入れた時も
    あそこまでの痛みは感じませんでした


    しかし、

    しか???し、

    つい先日、ウンチ君事件に迫る痛さに襲われたのでした


    K01.JPG

    安らかな顔で眠るジェントル多久和

    、、、

    、、、

    縁起でもない


    before afterのafterの顔です

    声も出ない程の痛みを覚えた、その正体はコルギ

    皆さんご存知でしょうか?

    コルギ
    韓国伝統美容法で東洋医学の経絡理論に基づいた韓国式の小顔美容法。 顔や骨の隙間に溜まった老廃物を流し血流をアップ、筋肉の緊張やコリもほぐれ、むくみも解消されすっきり小顔に。
    どこかのサイトからのコピペです

    40歳を目前に人前で涙を見せるところでした

    40歳を目前に人前で気絶をするところでした

    40歳を目前に悶絶を初体験しました

    40歳を目前にちょっとだけどもらしました

    気の遠くなる程長く感じるわずか30分の施術時間

    終わった時のやりきった感も格別です

    そしてやりきったご褒美に、もれなくスリムなフェイスラインが与えられます

    小顔を手に入れたい方
    ドMの方など
    気になる方がいたら紹介しますのでご連絡頂けたらと思います


  • vol. 20 泣ける!外国人によるJ-POPカバー!


    皆さん、J-POPは好きですか?

    僕も大好きです。

    J-POPという響きのいかがわしさも含め、

    チャート番組世代の僕もJ-POPフリークです。


    そんな僕が時々楽しんでいるのが

    海外アーティスト・バンドによるカバーバージョン探し。


    クリス・ハートであったり、

    彼を輩出した日本テレビ『のどじまん ザ!ワールド』であったり。

    外国人によるJ-POPカバーは馴染みのあるものになってきていますが、

    彼が世に出る数年前、

    はじめてスコット・マーフィーに出会ったときは衝撃でした。







    以前も一度、このブログで紹介させてもらったことがありますね。


    イケメン風のルックス、オルタナ然としてギターをかき鳴らす仕草、

    日本人には出せない白人らしい芯のある声質。


    マーティ・フリードマンしかり、厚切りジェイソンさんしかり。

    (笑)がつきそうなところも含めて、

    好きなんです(笑)。





    日本でも数枚のアルバムを出し、何とベスト盤も(笑)!

    しかも調べてみると、ELLEGARDEN、the HIATUSの

    細美武士の新バンド、MONOEYESにベースとして加入したらしく(笑)、

    今後も応援しつづけようと思っています。


    他にも僕が気に入っている外国人によるカバーというと、

    ドイツのパワーポップバンド、Gigantorの「蕾」とか.....




    原曲は歌番組などでも何度も耳にしていましたが、

    こうしてアレンジされて聴くとメロディの力強さに改めて気がつかされますね。



    一転、J-POPの英語カバーで好きなのは

    90年代イギリスのOUCH!によるスピッツ「ロビンソン」のカバー。

    彼らの個性はビートルズ直系のボーカルスタイル。


    ビートルズの影響下で生まれたJ-POPですが、

    ビートルズがもしも「ロビンソン」をカバーしたら

    こんな風になるのかなと想像するのも楽しいです。





    本家のロビンソンはどこか湿り気があるというか、影があると思うのですが、

    OUCH!バージョンはサビになるとパーティーしていたり、

    男女がイタリアンスクーターで坂を下りてきたり、何だか爽やか(笑)。


    海外の人にはこんな風に聴こえるのかな、と考えたりしてると

    何だか泣けます。


    こうして、新たな名カバーを探して今夜も僕はYouTubeをディグるのです笑。


    テリー

THE glamb TIMES
スタッフ5名がそれぞれのテーマ別に連載するブログ。アートや音楽の最新情報からブランドの裏話、さらにはスタッフが飲み屋街を巡る日記に子育てブログまで。これを読めばお洒落になれるのか、はたまた何かの足しになるのか。お約束はできかねますが、皆さんの暇つぶしの選択肢の一つになれるよう「打倒まとめサイト!」を合言葉にスタッフが真心こめて書いて参ります。

THE GLAMB TIMES

2016/09
SunMonTueWedThuFriSat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30