News

  1. Home » 
  2. News » 
  3. きっかけにすぎない
2015/08/14[News]

きっかけにすぎない

この仕事を選んで本当に良かったと、心の底から思います。



2002年の秋口、パートナーである古谷が当時経営していた代官山のOMNI-CAFEで仕事合間の時間を潰していた折、
「ブランドをはじめようかと考えているんだよね。」
という何気ない一言に
「俺も一緒にやりたい。」
と名乗りを挙げたことから全てははじまりました。



2人共、大学時代の専攻は英米文学。
モノ作りに関しての知識は仕事を進めながら深めていきましたが、知らないからこそ自由な発想をアイテムに落とし込む事が出来たのではないかと振り返っております。
ステンドグラスで作ったネックレス
蜂の巣の様なチャームを付属したウォレットチェーン
誕生石を12個並べたリング
何年も前にリリースしたアイテム達ですが、今でも脳裏に深く刻まれております。



他のブランド様とどこで差別化を図るかという事について古谷が唱え、僕も喜んでその価値観を共有したのは
「お客様に1番近いブランド」であるという事。
全国展示会をはじめて9年が経ちましたが、僕には親友とも呼べるお客様が全国にいます。
glambを立ち上げたからこそ知り合えた親友がいます。
商売を超えた関係性のショップスタッフさんがいます。
酒を酌み交わすまでになった職人さんがいます。



ブランドを始めた当初、僕らが10代の頃に味わったファッションの高揚感みたいなものをお客様にお届けする事が我々が最重要に考えるべき案件なのではないかと描いていた時期がありました。
ですが12年の時が経ち考えは変わりました。
glambを通して人と人とが繋がり、繋がった方々がそれまでよりももっと素敵な時間を送ってくれたのならこんな嬉しい事はないのではないか、と。



ブランドをはじめた頃よりも今の方が幸せだし、おそらく今年よりも来年の方が心が満ち足りていると思います。
僕にはglambを通して知り合えた仲間がいるから。



この冬、glambとは全く違った新しいライン「 GLAMB by glamb(グラムバイグラム)」をスタートさせました。
ちょうど僕と同じ年代の方や、それよりももっと大人の方々に気に入って頂けるよう大人びたデザインが特徴です。
http://www.glamb-by-glamb.com/



何歳になっても人と繋がり、人生を楽しむ事に貪欲であって頂きたい。そうあるべきだと考えております。



皆様に満ち足りた人生を送って頂くためのきっかけを僕たちは投げかけたいと思います。



もしglamb並びにGLAMB by glambの洋服が気になって頂けたら、更に1歩踏み出して人の輪を広げて頂けたらと思います。
洋服はきっかけに過ぎないのだから。



多久和