News

  1. Home » 
  2. News » 
  3. 【G&J JOURNAL この夏G&Jとどこにいこう? ブランドスタッフの夏の予定を大公開!!】
2015/03/13[News]

【G&J JOURNAL この夏G&Jとどこにいこう? ブランドスタッフの夏の予定を大公開!!】

glamb Mail Magazine【03月13日号】
Vol.11 2015/03/13

着実に春へと近づく日本の気候。 夏はまだまだこれからと思いきや、 様々なイベントで思いの外早く過ぎていくのが春。 思い切り夏を楽しむためには今からプランを練るのが鍵! 今回リリースされたJAM HOME MADEとの コラボアイテムが勢揃いするのは7月! ということで、スタッフがJAM HOME MADEと 出かけようと思うこの夏のプランをご紹介!

No.1 多久和 直利 Product Manager

-士林夜市(台北)-

"周りから冗談で言っていると思われることが多いのですが、今、本気で浴衣を着て海外に遊びに行ってみたいと考えています。そのきっかけとなったのは先日のコレクションで発表されたロックが香るオールブラックの浴衣。エンジニアと浴衣、ブレスレットに浴衣。試してみたいアイデアは様々でしたが、このJAM HOME MADEとのコラボウォレットが極めつけ。アクセントになる派手な小物を探していたこの夏の僕のイットウォレットです。浴衣での士林夜市巡りも楽しみなのですが、先日結婚の報告で久々に会った祖父が終戦時に台湾で砲台作りに従事していたことを知り、そのゆかりの土地も回ってみたいと思っています。"

[ Travel Info ]
台湾最大の夜市となるこちらは熱気に溢れたローカルエリア。
いつ訪れてもお祭りのような賑やかさ、軒を連ねる屋台の激安グルメ。
ディープで楽しい台湾の夜を送るのに絶好のスポットです。



AC01 :Gaudy star concho wallet


カラフルな配色がブラックコーデに絶好!ウォレットチェーンも付けられるため、海外旅行の際も安心の一品です。

GB15SM / AC25 : AZAMI
GB15SM / CP05 : Laurie hat

No.2 久保 貴昭 glamb Assistant Designer

-那須高原(栃木県))-

"昨年、娘のシエナが生まれた僕がこの夏行こうと思っているのは那須のキャンプ場、キャンプス・アンド・キャビン。ここはバンガローの設備が整っていて、水道、電気、キッチンからトイレまで完備しています。とはいえ僕はヒッピーなので到着したら、インディアンの伝統的なテントであるティピをまず設置。周囲の木にはたくさんの旗を吊るしてバンドワゴンの気分を楽しみます。仕上げにシエナには手作りした羽根の髪飾りを付けて、僕は両頬に赤のペイントをする予定。夜が来たら丸太の椅子で焚き火を囲み、まったりしながら"Ulllllll"と叫んで遊びたい。大自然の中でヒッピーライフ!"

[ Travel Info ]
東京から車で約2時間半、北関東の大自然を設備の整った施設で満喫できるこちらのキャンプ場はファミリー層から評価絶大。
敷地内には何と露天風呂まで完備し、
屋外キッチンでは温水が使えるなど細かな配慮が嬉しい。

AC04-B :JAM watch Silver&Colorful belt

ヒッピースタイルにも絶好のレザーパッチワークベルトを装着。手元のクロノグラフによるストップウォッチはアウトドアでも実用性抜群!

GB15SM / SH14 : Aggy aloha SH
GB15SM / P10 : Kevin pants t
GB15SM / CP02 : Minster hat

No.3 田上 翔 glamb Tokyo Shop maneger

-レインボーブリッジから若洲公園のコース(東京都)-

"雑多とした日常のあれこれから逃げ出す方法、やり方は人それぞれですが僕にとっては深夜のライド。このメールマガジンではJAM HOME MADEと出かけたいこの夏の行先を紹介していますが、僕が選ぶのは断然都内です。通常、バイクのエンジンが温まるのは乗り出しから約15分。僕が乗っているハーレー本来の加速を楽しめるのはそこから。しかし、僕の家からglamb Tokyoまでは10分程。欲求不満の愛車を思う存分走らせるべく出かけようと思うのが、レインボーブリッジから若洲公園へと東京湾の埋め立て地を抜けるこのコース。風になりに行くには、都内では他に類を見ない優れた道。蒸しかえる夏の夜、一日にかいた汗全てを夜風で乾かすんです。"

[ Travel Info ]
お台場から東京港の埠頭へ抜けるコース。埋立地ということで直線が多くバイク乗りが集う場所として知られる。ツーリングを検討の皆様も、法定速度だけはくれぐれも厳守で。

AC06-A :JAM watch brown belt

レザーベルトが最も映えるデザイン、をイメージに今回作られた1本はバイカーなど男性的なカルチャーとの相性抜群。ストップウォッチ機能でタイムを刻め。

GB15SM / JKT07 : Erick denim riders
GB15JM / T01 :JAM × glamb×RED KAP T(2Pieces)

No.4 高階 裕幸 Web Designer

-RISING SUN ROCK FESTIVAL(北海道)-

"毎年、夏には何かしらロックフェスティバルに出かけていますが、まだ未体験なのがRISING SUN。北海道という遠距離に加え、開催時期がお盆というハードルで毎年先送りに。今年こそはシェアハウスの友人を引き連れて、ド派手なテント村を作ってロックを楽しもうかなと思っております。ロックフェスの魅力の一つに、初対面の誰もが気軽に話せる一体感もありますよね。ということでこの写真は会場で出会った人と写真を撮っている場面がテーマ。会場で友だちが出来たらおもむろにこんなスタイリッシュなiPhoneケースでシャッターを押しちゃいましょう。フリーな空間ではですね、、、生まれます!RISING SUN!"

[ Travel Info ]
北海道ならではの広大な空間で行われるフェスとしてミュージシャンの間からも評判が高い。反面、夜になると8月とは思えない海風も吹くため、防寒対策も必須。(談・寺本@北海道出身)

AC08 :Gaudy JAM note iPhone case(6)

フェスシーンを筆頭にカジュアル色が強くなる夏のコーディネート。
小物使いで全体の印象をアダルトに演出しましょう!

GB15SM / CS14 : LABORATORY CS
P18 : Miles border shorts

No.5 寺本 優太 Press

-熱海(静岡県)-

"東京から新幹線で40分のリゾート、熱海。夏が来ると楽しみにしているのはその時一番お気に入りのガールを連れて熱海を訪れること。(去年のフェイバリットガールは妹の愛子でした。)バブル期に建てられたリゾートホテルがくたびれて立ち並ぶ熱海。ハイカラだった最盛期の面影を残す洋食屋や純喫茶で昼からビールを飲んで過ごします。毎回必ず訪れるのはロマンス座通りにある純喫茶、ボンネット。米軍キャンプで出会ったハンバーガーの味に感動し、米軍将校クラブで学んだというマスターのハンバーガーが食べられます。マスターも随分ご高齢ですが、今年もまた食べさせてほしいなあと思うのです。"

[ Travel Info ]
温泉と海の両方が楽しめ、日本三大温泉場の一つとも称される。
昭和初期には新婚旅行先として、高度成長期は赤線遊郭を求める団体客で賑わい、数多くの文豪の逸話でも知られる。




AC03 :Gaudy zip wallet


カラフルな遊び心とエレガントな素材感による一品は
リゾートスタイルにマッチ!休暇中のセレブにも負けない
リュクスなルックスです!

GB15SM / JKT04 : Kauai JKT
GB15SM / CS10 : Curtis CS
GB15SM / P03 : Franklin shorts

さて駆け足でご紹介してきましたが、 皆さんも是非この夏の過ごし方を一足早く想像してみては!
JAM HOME MADEコラボのオーダー締め切りは 3月15日(日)ともう間もなく。
この夏をラグジュアリーに過ごすための切符、 glamb×JAM HOME MADEと一緒にさあ出かけましょう!

photo : Yuko Takakai
text : Yuta Teramoto (PRESS)