1. Home » 
  2. Blog » 
  3. glamb Tokyo blog

glamb Tokyo blog

  • Supertramp♯01

    2016/08/04

    CATEGORY:

    16wt_ectop-thumb-623xauto-7169.jpg

    glamb Winter Collection?2016 "Supertramp"

    映画『イントゥ・ザ・ワイルド』の精神にインスピレーションを受け、
    「音楽」と「放浪」というこれまでglambが繰り返し描いてきた世界観に今一度肉薄。

    デニムやチェックシャツ、ボーダーカットソーといったグランジロックを軸にしながら、
    ラグジュアリーなレザーアウターやアウトドアテイスト漂うジャケットを散りばめ、
    glambの考える現代の放浪者の姿を提案します。

    本日、正午12時よりウェブ公開となりました。
    2016年、最後のコレクションとなります。

    まずはウェブのチェック、そしてカタログですが、発送は今週の金曜日から順次お届け致します。
    着荷を楽しみにお待ち下さい。

    さて、早速ですが本日から独自の視点で商品をレコメンドします。

    16wtjkt01-s-07-dl.jpg

    16wtjkt01-s-01-dl.jpg

    JKT01 : Blues JKT

    ボディのベースとなるディテールはリーバイス社の名作、3rdモデル。
    そこにメルトン生地を落とし込む事で上品な佇まいを作り上げています。
    3rdモデルをソースとしたアウターは以前から数点リリースしていますが、今作は真新しい雰囲気。
    やや男性的なスタイリングが好み。と言った方には絶好です。

    3rdモデルと言えばこちらも。

    16wtjkt10-m-01-dl.jpg

    16wtjkt10-s-07-dl.jpg

    16wtjkt10-s-08-dl.jpg

    JKT09 : Puzzle mouton JKT

    3rdモデルのディテールをソースとしたボディに、テキスタイルには最高峰の評価を得るスペイン産メリノムートンを使用。
    生地の取り都合で余った皮革を繋ぎ合わせて使用する事で、
    価格を抑えつつ、且つデザイン性に富んだ1着を作り上げております。

    16wtjkt03-m-01-dl.jpg

    16wtjkt03-s-04-dl.jpg

    JKT03 : Leonardo P-coat

    このP-コート凄くお勧めです。
    端正なパターンメイキングに程良く肉厚なメルトン生地。
    ライダースを彷彿させる袖口のジップ、フロントボタンのサイズ感も良い感じ。

    そしてサイドポケットは両玉縁ポケットとなっており、
    口端は補強とデザイン性を兼ねたレザーの三角パッチをあしらっている点も良いです。
    ちょっとした仕様ですが、細かいディテールって凄く大事。

    jkt03_d1.jpg

    ワンポイントの星は刺繍であしらっております。
    この秋冬に凄くお薦めなP-coat。是非一度チェックしてみてください。

    jkt04_1.jpg

    jkt04_img.jpg

    JKT04 : Maverick coat

    MA-1の袖に切り替えしたアームデザインが特徴のMaverick series。
    今作はロングコートとなっており、アウター×アウターのレイヤードスタイルが楽しめます。

    DSC_0527.jpg

    DSC_1941.jpg

    JKT05 : Morgan ska JKT

    バックスタイルに大きくあしらわれたのは19世紀末から20世紀初頭にかけて米国で流通したモルガンコインをモチーフにした鷹の刺繍。
    USAの国鳥と言えば、白頭鷲を思い浮かべますが、立ち姿や鷲の色味は往年のスーベニアジャケットにならって、デザインされています。

    毛の流れ一本一本まで気を遣った、グラフィッカー西尾渾身の一着です。

    jkt07b_2.jpg

    DSC_1150.jpg

    JKT07-b : Gaudy coverall

    ハリ感の強いコットンキャンバスをテキスタイルで仕立てつつ、サイズ感はシャープに纏められており、
    ワークの野暮ったさを巧く払拭した作りとなっております。

    ブランドのシンボルGaudyのディテールも取り入れられており、ファッション感度を高めた1着。

    スタイリングに習って、チェックシャツと合わすのが良さそうですし、白シャツにリジットデニムを合わせたクリーンなスタイリングにも良さそう。
    IndigoとBlack、そしてBrownの3色展開ですが個人的にBrownかなと思っています。

    p040.jpg

    jkt08_img.jpg

    JKT08 : Arnold Long MA-1

    左袖に配されたユーティリティポケットや、袖口のリブに胸元に配されたホースクリップタグ、裏地のレスキューオレンジと言った
    仕様はMA-1に見られるディテールですが、それらを用いながら大胆にもロングコートに仕立てた一着となっております。

    タフなナイロン生地に、しっかりと詰め込まれた中綿で防寒性もばっちり。
    個性的な仕立てはスタイリングの面からも、この冬を楽しめる一着が完成しました。

    jkt10_1.jpg

    jkt10_3.jpg

    jkt10_2.jpg

    JKT10 : Marlon riders

    某、名作映画に出てくる主人公。
    その役を演じた俳優の名を冠したダブルライダース。

    タンニン鞣しのラムレザーを使用しており縫製後、洗いを施す事で、着古したような風合いに仕立てております。
    中に着こまないなら、ジャストサイズを選択するよりタイトなサイズを選んで下さい。
    ガンガン着込んでいけば、自身の体に合わせて伸びてくるので、ゆくゆくはジャストフィットなサイズ感になります。

    p054.jpg

    034-16wt_image.jpg

    268-16wt_image_day02.jpg

    カラーに迷う所ですが、どのカラーも本当にお薦め。
    今季を代表する一着。
    是非ともご検討下さい。

    続きはまた明日。。。

    glamb Tokyo TAGAMI

  • この夏に着たいTシャツ

    2016/08/01

    CATEGORY:

    梅雨が明けて、本格的な夏を迎えました。
    今年は猛暑が続くらしく、気温が40度を超える地域もあるとか。
    皆様、体調管理にはくれぐれもお気をつけください。
    まずは水分補給です。

    さて夏の行楽シーズンはもう目の前ですが、新しいTシャツ、ゲットしましたか?
    今の時期に丁度良いハーフスリーブを店頭で多数取り揃えております。

    DSCF6773.jpg

    SU14 : Julian CS

    DSCF6785.jpg

    CS06 : Ronnie CS

    DSCF6808.jpg

    CS01 : Separate CS

    DSCF6822.jpg

    T03 : OVER T

    DSCF6845.jpg

    CS17 : Surftrip CS

    DSCF6866.jpg

    CS02 : Coffee mania CS

    番外編でこのシャツも。

    DSCF6853.jpg

    SH06 : Kauai SH

    ご機嫌なTシャツを着て、夏の行楽を楽しみましょう。

    そうそう。
    冬のコレクション発表前ですが、素敵なカプセルコレクションも発表になりました。

    16wt_mickey-thumb-623xauto-7162.jpg

    Disney Collection

    16dsncs01-m-01-dl (1).jpg

    16dsncs01-s-01-dl.jpg

    16dsncs01-s-02-dl.jpg

    16dsncs01-s-03-dl.jpg

    8種類のディズニーモチーフを、Tシャツとスウェットに落した全16型の展開となります。
    是非チェックしてみて下さい。

    glamb Tokyo TAGAMI

Profile

glamb Tokyo blog
glamb Tokyo blog
glamb Tokyo≪グラムトーキョー≫
〒150-0001東京都渋谷区神宮前3-34-6 H.I.Pビル 1F
TEL : 03-3746-9950
tokyo@glamb.com
営業時間 PM12:00-PM8:00
水曜日 AM10:00-PM6:00
2016/10
SunMonTueWedThuFriSat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31