1. Home » 
  2. Blog » 
  3. glamb Tokyo blog

glamb Tokyo blog

  • 昨日ついに公開となったglamb 2015 Winter Collection "Picaresque"
    そして初お披露目となりますGLAMB by glambのPrologue Collection "Chill Out"

    2015wt_top.jpgのサムネイル画像

    glamb_by_glamb_top.jpg

    http://www.glamb-lodge.com/

    2015年の最後を彩る今コレクションの中からお気に召す一着を見つけて頂ければと存じます。

    そして、ご来店、またお問合せをご予定されておりましたお客様にご迷惑をお掛けしますが、明日8月8日(土)のglamb Tokyo営業時間を下記時間に改めさせて頂きます。

    2015/08/08(土)12:00から20:00→2015/08/08(土)18:00から20:00

    関係者様向け展示会の開催に伴いまして、営業時間を変更させて頂きます。
    ご迷惑をお掛けしますが、何卒ご理解ご了承の程、どうぞよろしくお願い致します。
    ご来店お問合せに関しましては18時以降にお願い致します。

    尚、8月9日(日)は12:00から20:00の通常営業とさせて頂きます。

    glamb Tokyo TAGAMI

  • 2015wt_top.jpg

    glamb 2015 Winter Collection
    "Picaresque"

    メイン.jpg

    アウトサイダーというのは
    夢追い人のひとつの形だと思う。

    150717_glamb8607.jpg

    始まりは言葉だった。
    映画に関するある本をめくっていた時に僕は「ピカレスク」と言う言葉に出会った。
    聞き覚えのある言葉だったけれど、さて、どんな言葉だったろうか。
    iPhoneですぐに言葉の意味を調べると「悪漢小説」という解説が出てきた。
    それが悪役やアンチヒーローを主役にした物語のことを指す事を思い出した。
    僕はその言葉が気に入り、今季のコレクションテーマに据えることに決めた。

    p142_143.jpg

    ワルな男が持つとっぽさ、あるいは艶っぽさ。
    これまでglambでそうしたものを軸に据えたことがなかったから、
    これはブランドにとっても新しい試みだと僕は確信した。

    メイン.jpg

    ワルであること。
    それを日本語に置き換えると「不良」という語になるのだろうか。
    しかし、僕が提案したいスタイルは制服のような横並びの不良ファッションではない。
    僕自身が日本に根付く「不良」の文化と距離をとって
    これまで生きてきたことももちろん関係しているのだろう。
    僕は中学まで北関東の田舎町で過ごしました。
    僕の町の不良たちはそれぞれに群れてチームを作っており、
    そこに所属し続けるにしても、抜けるにしても多くのしがらみがそこに存在していた。
    当時から僕はストレスない日々を送っていたから、
    負のパワーを抱えて歪んだ感情を周囲にぶつけるより、
    女の子とふたりで過ごすことの方が大切なことに思えた。
    そして16歳の春、
    僕はアメリカの高校へと進学した。

    p066_067.jpg

    それから程なく、僕はカート・コバーンの存在に触れ、
    メインストリームと外れたところで自分のスタイルを貫くことのかっこよさを知った。
    ニルヴァーナは当時流行っていたどのバンドとも違うメロディを鳴らし、
    彼だけのファッションに身を包んでいた。
    僕は自分の中の何かをそこに重ね合せたのだろう。
    カートは僕にアウトサイダーがどのような種類の人間であるかを教えてくれたのだ。

    p018.jpg

    僕の考えるピカレスクの主人公は夢追い人だ。
    自分は人とどこか違う。
    もしかしたら自分は自分がなりたいものになれないのかも知れない。
    けれど自分の心の中に映る楽園の影を求めて、
    自分の道を進み続ける。
    アウトサイダーと夢追い人はきっと深いところで同じタイプの人間なのだ。

    img_knt04_a.jpg

    社会の常識も習慣も、手にできたかもしれない安定も、それら全てを投げ出しても、
    自分の理想を求めて前に進み続けることの美しさ。
    ビリー・ザ・キッドにボニーとクライド、
    あるいはブラック・ジャックやルパン3世でもいい。
    信念を持って自分の生を貫くアンチヒーローたちに敬意を表し、今季のコレクションを発表します。

    デザイナー      
    古谷 完      

    glamb 2015 Winter Collection

    "Picaresque"  

    http://www.glamb-lodge.com/ 

Profile

glamb Tokyo blog
glamb Tokyo blog
glamb Tokyo≪グラムトーキョー≫
〒150-0001東京都渋谷区神宮前3-34-6 H.I.Pビル 1F
TEL : 03-3746-9950
tokyo@glamb.com
営業時間 PM12:00-PM8:00
水曜日 AM10:00-PM6:00
2016/10
SunMonTueWedThuFriSat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31