1. Home » 
  2. Blog » 
  3. glamb Tokyo blog

glamb Tokyo blog

  • BLACK LINE

    2014/02/12

    CATEGORY:

    DSC_5364-2.jpg

    glambに、そして、個人的に。

    所縁ある皆様の大切な新譜、リリースが重なっていたので、購入。

    新しい音達はまた新たな考え方を生み出してくれます。じっくり、楽しみます。

    そんな水曜日。

    glamb 14SP Collectionの先行オーダー締め切りまで残り4日と迫っております。

    glamb Sapporoでの顧客様向け展示会は締め切り日当日、16日

    glamb Tokyoでの新日程、展示会は22日、23日の2日間で開催させて頂きます。

    ※当日は締切日を過ぎておりますが、万が一予約完売となった商品のオーダーをご希望の場合は、ご対応出来る様手配させて頂きますので、どうかご安心ください。

    glamb Tokyoでの振替展示会の詳細はこちらよりご確認ください→★

    さて、本日の本題は、

    今季初お披露目となったglamb BLACK LINEに関して。

    ?

    ?

    b_1-thumb-960x610-1474.jpg

    BLACK in BLACK

    身に纏うものとしての黒は誰しもの基本であり、ベース。

    定番であることは承知ですが、

    ただただ定番だけには収まらない、黒ならではの魅力があると思います。

    海外のファッションウィークで見掛ける多くのブロガーたちは、

    それぞれのアイデアによって様々な着こなしを魅せますが、

    その中でも、"黒で纏めた"コーディネートには力強さを感じさせ、沢山の人を魅了します。

    ベースでありながら最高のキーカラーでもある黒。

    極めてシンプルで、極めて困難なBLACKスタイル。

    それを1つのコレクションとしてまとめ上げたのが、

    【glamb BLACK LINE】です。

    本日紹介するBlackアイテムはこちら。

    DSC_5248.jpg

    Warren border knit

    BLK Unplugged denim

    14spblk07-s-03-dl.jpg

    ブラックとブラックでボーダーを編み立てたこちらは、段毎に天竺の表と裏を使い分けテクスチャの面から柄使いを強調。

    ?

    裏使いとなった箇所にはラメの様な光沢感を備えたスラブ糸を用いて更にニュアンスを持たせています。

    ?

    ?

    DSC_5236.jpg

    ?

    ビッグシルエットにオフショルダーの、抜け感あるバランスもポイント。

    ?

    ワイドパンツに合わせてストリートスタイルにするもよし、スキニーパンツでメリハリあるロックスタイルにも。

    黒を着こなすにはそのバランスが重要です。

    ?

    ?

    お次も、ニット。

    ?

    ?

    DSC_5279.jpg

    ?

    BLK Wells knit

    14spblk08-s-04-dl.jpg

    僕が好きなスタイルにもぴったりはまる、こちらのビッグニット。

    国旗柄の赤に当たる部分はテープヤーン、ブルーの部分はスラブを素材に用い、ボリュームあるテクスチャを表現。

    白に当たる部分へは凹凸の少ないローゲージの天竺編みを用い、表面効果も相まって強調された柄使いをフロントとバックの両方にあしらいました。

    ?

    ?

    新たなるムードで生み出されたユニオンジャックは、これまでとは一味もふた味も異なるソリッドな印象に。

    相当クールです。

    ?

    ?

    DSC_5267.jpg

    ?

    こちらは是非ともアンニュイなムードで、スキニーパンツに合わせて着こなして頂きたいところです。

    ?

    ?

    着用イメージはないのですが、ニット三型目も大変な人気を誇っています。

    14spblk09-s-03-dl.jpg

    BLK Corona cardigan

    毎シーズン好評のパンサー柄カーディガン。

    今作はブラックで纏めているので、ボディにあしらわれた斑点は内側に起毛がかったブークレー糸を、外側にはグレーを引き揃えた杢調の糸使いで柄を表現。

    素材使いによって柄を生み出しています。

    こちらもルーズなシルエット、流れるようなシルエットが黒をより上品に魅せます。

    14spblk14-s-06-dl.jpg

    BLK Unplugged denim、リリースを待望視されていた方も、多かったのではないでしょうか。

    オール黒糸のブラックデニムに、これ以上ないまでの加工、そしてパッチワークを。

    ロックスピリッツを感じずにはいられない仕上がりです。

    明日はシャツやカットソーアイテムも紹介予定。

    BLACK LINE、是非ご注目下さい。

    glamb Tokyo HATA

  • "Festivalism"ベストアイテム

    2014/02/11

    CATEGORY:

    DSC_5344.jpg

    DSC_5347.jpg

    ノリにのってる男の写真集、今更ながら購入。

    ユースフルかつロックな世界観、時代関係なくずっと格好良いと思えるものです。

    写真からの語りかけはとても静かなものですが、いいものに出会うと爆発的なまでのパワーをもらえます。

    さくっと本題に入ります。

    glamb14SP≪Festivalism≫の先行オーダー締切まで、残り6日となりました。

    皆様もそろそろ、これだ!というアイテムが定まって参りましたでしょうか。

    本日は、14SP先行オーダー開始当初からぶっちぎりのご注文を頂いているアイテムをピックアップさせてください。

    DSC_5309.jpg

    Aggy CS

    Ohara denim

    そう、紹介前から既に察知した方々も多い事でしょう。こちらのAggy CS

    14spcs11-s-04-dl.jpg

    コレクション発表前から話題をさらい、ルックブックの表紙にも登場した一枚。

    ロックT、ヴィンテージTを解体し再構築したかのようなディティールが絶大なインパクトを誇るのは勿論、その手の凝りように心まで奪われます。

    リサイクル天竺やT/Cネップ天竺など、グラフィックとのマッチングを考慮した素材使いも見所。

    ?

    ?

    あ、勿論のことですが、これは全て一から作ったオリジナルになります。本当に職人泣かせな一枚です。

    ?

    ?

    ?

    ?

    DSC_5321.jpg

    ?

    ?

    ?

    ?

    ?

    ?

    DSC_5302.jpg

    ?

    ?

    ?

    ?

    ?

    ゆったりしたサイジングも今の気分にぴったり。

    ボディがよれ出した頃からが楽しいアイテムかと思います。育てがいありです。

    DSC_5314.jpg

    "Festivalism"というだけあって、様々な人が集まる場所にも着て行きたいものです。

    僕ならロックフェス、ライブハウスでしょうか。

    たまには軽やかなライトインディゴのスキニーに合わせて、腕まくりしてアクティブに楽しみたい。

    DSC_5332.jpg

    Aggy CS

    Ohara denim

    Caballero sneakers

    ここぞとばかりに跳びました

    14spcs11-m-01-dl.jpg

     

    ?

    Aggy CS

    心も身体も解放させてしまうアイテム。まさにアートです。

    間違いなくこの春のマストハブ。ぜひぜひご検討下さい。

    glamb Tokyo HATA

    DSC_5305.jpg

    DSC_5333.jpg

Profile

glamb Tokyo blog
glamb Tokyo blog
glamb Tokyo≪グラムトーキョー≫
〒150-0001東京都渋谷区神宮前3-34-6 H.I.Pビル 1F
TEL : 03-3746-9950
tokyo@glamb.com
営業時間 PM12:00-PM8:00
水曜日 AM10:00-PM6:00
2016/10
SunMonTueWedThuFriSat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31