1. Home » 
  2. Blog » 
  3. glamb Tokyo blog

glamb Tokyo blog

  • Today`s"glamb Tokyo"

    2016/07/07

    CATEGORY:

    DSCF6477.jpg

    SH07 : Unplugged denim SH

    DSCF6472.jpg

    SH01 : Military SH

    DSCF6493.jpg

    SU12 : CB sports CS

    DSCF6481.jpg

    CS09 : Happy CS

    DSCF6510.jpg

    DSCF6526.jpg

    AC18 : Roland sneakers

    DSCF6485.jpg

    T03 : JHM×glamb×RED KAP T 2016 (2 Pieces)

    今の店舗の様相をちょっとだけ公開。
    お立ち寄り頂いたお客様に、ブランドの今を伝える為に、
    ヴィジュアル作りに日々励んでおります。

    先日の事。
    あるお客様にご来店頂きまして、
    その方はネットで洋服の情報を集めていた最中、
    glambを知ったとの事でした。

    何故、そのままネットで買わず、わざわざ足を運んで頂いたのか。
    疑問そのままに、お客様に質問すると、

    サイズ感を確認したかったて言うのは勿論、
    glambさんの雰囲気を見たかったからとの事。

    名古屋からのご来店でした。

    「見に来て良かった」
    「店舗めちゃくちゃ格好良いですね」

    店舗を担う身としては、これ以上ないありがたいお言葉です。

    パソコンからタブレット、そしてスマートフォンへ。
    デジタル機器の急速な台頭によって、
    購入者の買い物環境、および買い物における心理が変化している事に間違いありません。

    そのニーズにも応える為に、僕たちもネットショッピングを早くから取り入れ、
    glamb Online storeも運営しています。

    ネットショッピングにおけるレスポンスの良さや、店舗に足を運ばずとも物を購入出来ると言った利点。
    様々な理由で店舗にお立ち寄り頂く事が出来ないお客様にも、
    ご購入頂く事が出来ると言う、販売者側の利点に於いても、ネットショッピングの重要性は言うに及びません。

    利便性に長けたそんな世の中だからこそ、
    実際に足を運んで、"見て触れる"と言うアナログな手法を選択するのも
    一興かもしれません。

    さて、明日よりSETUP Collectionが本格始動致します。
    各種取り揃えておりますので、是非ともお立ち寄りくださいませ。

    glamb Tokyo TAGAMI

  • glamb Tokyo "使えるやつ"

    2016/07/05

    CATEGORY:

    この時期になると、みなさま"夏期休暇"に、
    何処へ行こうかと楽しみにしている頃でしょう。

    海や山に川といった自然を楽しみに。
    家族を連れてアミューズメントパークに足を運んだり。
    あるいは買い物を楽しみに、様々な店舗が軒を連ねる都会へ赴いたり。

    それぞれに"夏期休暇"ならではの休暇を楽しまれる事と思います。

    洋服屋が軒を連ねる原宿・神宮前に店舗を構える弊店も、
    その休みを利用され、他府県にお住まいの方々に、
    ありがたくも足をお運び頂いております。

    遠方から足をお運び頂いたお客様から接客中に聞くその地域に根付いた特色や、ならではの魅力。
    そんな話しを聞ける事が実は凄く楽しみだったりします。
    勿論、特産品も大好きです(笑)

    glamb Tokyo は、無休で営業を行いますので、
    夏季休暇のスケジュールの一つに、
    弊店へのお立ち寄りもお加え頂ければ幸甚に尽きます。
    是非とも遊びにいらして下さい。

    さて、冒頭でふれた

    海や山に川といった自然を楽しみに。
    家族を連れてアミューズメントパークに足を運んだり。
    あるいは買い物を楽しみに、様々な店舗が軒を連ねる都会へ赴いたり。

    まさしく"アクティブ"と言えるシーンですが、そんな"アクティブ"に絶好と言えるのが、
    僕たちglambが今夏リリースしたバックパックSting

    DSCF6107.jpg

    自身の嗜みの一つとして、年1回以上はロングロードトリップをする。と言うのがあるのですが、その時に本当に心強い。
    【程良い大振りサイズで容量がある】
    【耐久性に優れるキャンバス、あるいはビーチクロスのボディ】
    【特に負荷のかかる部分はレザーに切り替えし】
    ハードな使用に耐える仕立てです。

    DSCF6426.jpg

    AC12-a : Sting backpack by Mighty Shine(A)

    今日のモデルは今の僕の相棒にお願いしました。

    DSCF6429.jpg

    Mighty Shine×glambのダブルネームでリリース。
    両ブランドのネームタグが誇らしげ。

    DSCF6443.jpg

    鞄底はレザーへ切替。
    経年変化が楽しみです。

    DSCF6430.jpg

    両サイドには荷物の棲み分けを可能にするポケットを完備。

    DSCF6431.jpg

    そして最たる特徴はハットの携行を可能にしたフラップでしょう。
    旅行に行く時にハットを持って行きたいけれど、
    トランクケースに入れて大事なハットが潰れたら嫌ですよね。
    Stingは型崩れする事無く、ハットの携行を可能にしました。

    バイクで何処かに赴いた時は、ヘルメットの着用で髪型が崩れているから、
    被り物が必須なのですが、そこは生地帽子、あるいはニット製品を被っていました。
    ですが、こいつのお陰でハットを被ると言う選択が可能になったのが本当にありがたい。

    旅好きや、ロードバイクにモーターサイクル好きには本当にお薦めです。

    ハットを携行しないシーンも考えて作られているので、このフラップは巻くし上げる事も外して頂く事も出来ます。
    お好みでどうぞお使い下さい。

    僕はKhaki×Brownの配色が好きでKhakiを選びましたが、1番人気はこのBeach cloth。

    DSCF6433.jpg

    DSCF6436.jpg

    AC12-a : Sting backpack by Mighty Shine(A)

    コットンとウールの混合生地で出来ており不規則な色ムラ、凹凸のついた表情が特徴です。

    DSCF6453.jpg

    DSCF6457.jpg

    サイズ感も良い感じ。
    ものの良し悪しを判断する基準は人それぞれかと存じますが、
    このバックバックは僕の基準で言うなら間違いなく良い。
    "使えるやつ"です。

    これから訪れる夏の行楽や、アクティブなシーンで是非ともご活用下さい。
    店頭にてご用意が整っております。
    手に取りに是非ともお立ち寄りください。

    glamb Tokyo TAGAMI

Profile

glamb Tokyo blog
glamb Tokyo blog
glamb Tokyo≪グラムトーキョー≫
〒150-0001東京都渋谷区神宮前3-34-6 H.I.Pビル 1F
TEL : 03-3746-9950
tokyo@glamb.com
営業時間 PM12:00-PM8:00
水曜日 AM10:00-PM6:00
2017/06
SunMonTueWedThuFriSat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30