1. Home » 
  2. Blog » 
  3. glamb Tokyo blog » 
  4. 2016/08

glamb Tokyo blog

  • この冬に纏うアイテム達

    2016/08/22

    CATEGORY:

    先日からご予約を承らせて頂いてますWinter Collectionの先行予約。
    昨日22日(月)をもちまして締め切りとさせて頂きました。

    ご予約下さいました皆様に心よりお礼申し上げます。
    商品入荷、お届けまでもう少々お時間頂きますが楽しみにお待ち下さい。

    尚、相当数のご注文を頂戴しておりまして、通常よりもご予約確定までにお時間頂戴しています。
    順次、ご確認を行わせて頂いておりますので、予約確定メールがお届きになるのをお待ち下さい。
    ご理解とご了承の程、何卒お願い申し上げます。

    今現在カートが開いている商品に関しては引き続きご予約が可能です。
    スベリ込みの予約は勿論OK。

    在庫数が確定しますと、ご希望のアイテムの、サイズ・カラーをご用意出来ない場合もございますので、
    お気に召して頂いたアイテムがございましたら是非ともこの機会をご活用下さい。

    さて、glambとLAYMEE、そしてGLAMB by glambの2016Winter Collection顧客様向け展示会。
    glamb Tokyo開催が今週の土曜日となります。

    予約制の毎時間、ありがたくも既に数十名のご予約を頂戴しておりますが、若干の空きがございます。

    予約はこちら→

    展示会の詳細はこちら→

    最新コレクションアイテムを発売前にご覧頂けるのは勿論、ブランドの作り手達との会話も楽しめる
    またと無い機会です。
    ご都合よろしければ是非ともご来場下さい。

    さて、表題の通り本日は前回の記事からご好評を頂いております個人オーダーのお話を。

    皆さん同様、僕たちスタッフも自分が着る分としてこの時期に最新コレクションアイテムをオーダーするのですが、
    普段お世話になっているお客様数名から、田上くんのオーダー教えてよ、ってお話しをまたまた頂いているので、
    今日は僕が今季オーダーするアイテムをブログを通してお伝えします。
    皆様がこの冬に纏うアイテムの参考になるかわからないけれど、頭の片隅に置いといてもらえれば幸いです。

    16wtjkt03-m-01-dl_2.jpg

    JKT03 : Leonardo P-coat

    久しぶりにオーダーするPコート。
    元を辿れば軍モノ。
    海上での着用を前提として作られており、
    風向きによって右あわせ、左あわせのどちらにでも前身を変えることを可能としたディテールが特徴です
    そんな往年の仕様はしっかりと継承しつつ、袖に配されたライダースジャケットを思わせる
    ジップの存在や、アクセントとなる刺繍であしらった星等。
    程良く肉厚なメルトン生地を採用しながら、ブランドらしいディレクションを施した粋なジャケットはNavyをセレクトしました。

    16wtjkt05-m-04-dl.jpg

    16wtjkt05-m-05-dl.jpg

    JKT05 : Morgan ska JKT

    Morganの名を冠しており、その名通り通貨として使用されていたモルガンコインをバックボーンに
    描かれたイーグルモチーフや3本の矢など。

    程良く中綿を詰めながら、生地には艶感のあるベルベット生地をあしらっており、
    ブランドの根底にあるラグジュアリーな表情も演出しております。

    こちらはNavy×Brownをセレクト。

    nishio_1.jpg

    glambのグラフィックを手掛ける西尾の魂が籠った1着。
    彼の個人アカウントで今季手掛けたアイテム達に触れているので、
    お時間ある時にでもその背景をご覧になってみてください。

    西尾敏宏《glambグラフィッカー》 ?@104kitakitsune

    16wtjkt06-m-01-dl.jpg

    16wtp08-m-01-dl.jpg

    JKT06 : Paisley tailored JKT

    P08 : Paisley slacks

    全面にペイズリーがあしらわれたこいつはセットアップで購入です。

    16wtjkt08-m-02-dl.jpg

    JKT07-b : Gaudy coverall

    タフなコットンツイルで仕立てカバーオール。
    デニムで仕立てた-aとコットンツイルの-bを展開しており、
    いずれにしても胸元から斜めに覗くレザーパッチワークのポケットには、
    発泡プリントで用意した別素材を用いてglambのアイコン、Gaudyを当て込みデザイン性を加味しております。

    Brownをセレクトしながら、若干大き目に着れるようにサイズ3を選びました。

    16wtjkt09-m-01-dl.jpg

    JKT08 : Arnold Long MA-1

    左腕に配されたユーティリティポケットや隙間風を防ぐ袖口のリブ。
    裏地のレスキューオレンジと言った従来のMA-1が持つディテールを継承しながら、
    大胆にもロングコートに仕立て直したこちらはBlackを着用します。

    カジュアルとモード行き来するブラックで纏めたスタイリングで調子良さそう。

    16wtjkt10-m-01-dl_2.jpg

    JKT09 : Puzzle mouton JKT

    メリノムートンを使用した、Puzzle series。
    今作では3rdタイプをソースとしたディテールを採用しており、
    ホームベース型のフラップの付いた両胸ポケットと、V字のフロントダーツが特徴。
    スナップボタンはブランドオリジナルボタンを使用しています。
    Brownを選択しながら、ワンサイズアップのサイズ3。

    16wtjkt11-m-02-dl_1.jpg

    16wtjkt11-m-03-dl_2.jpg

    JKT10 : Marlon riders

    タンニン鞣しのラムレザーを採用し、ボディ完成後にウォッシュを施す事で、
    皺感や色の濃淡を描いたダブルライダース。

    Brownが似合うと言われたので、その言葉をありがたく頂戴し、
    個人的に気に入っていたNavyも加えた2色を選びました。
    タイトフィットでの着用を前提にワンサイズ下げたサイズ1を選んでいます。

    今季選んだアウターはブラウンあるいはネイビーばっかりだな(笑)
    そんな今季はグレイにブラウン、ブラックやカーキと言ったボトムスとの相性が調子良さそうです。

    16wtcs04-m-01-dl.jpg

    16wtcs04-m-04-dl.jpg

    CS04 : Molly CS

    単体での着用、レイヤードにも汎用性の高いロングスリーヴCSは2色買い。

    16wtcs08-m-01-dl.jpg

    CS08 : GODLAMB CS

    偉大なロックバンドの多くをオマージュしたロックT。
    サイズ感は今っぽく、ビックシルエットを取り入れており、スキニーパンツとの相性は抜群です。

    16wtt03-m-02-dl.jpg

    T03 : Jailhouse T

    最近気になるユルタッチ系のグラフィック。

    16wtknt05-m-01-dl.jpg

    KNT05 : Pedro hoodie

    ずっと気になっていたメキシカンフーディがglambから発売となりました。
    オリジナルで起こしたストライプ調の編地。
    緩い着こなしをしたいのでボトムスはぺインターパンツ何かが調子良さそうです。
    インナーには白のクルーネックTが相性良さそう。

    16wtknt07-m-01-dl.jpg

    16wtknt07-m-02-dl.jpg

    KNT07 : Rafael knit

    フリンジ装飾のついたこのプルオーバーニットは2色買いします。

    16wtknt14-m-02-dl.jpg

    16wtknt14-m-03-dl.jpg

    KNT14 : Havana knit

    このニットも2色買い。

    16wtp03-m-03-dl.jpg

    P03 : Gaudy denim

    Indigoに人気が集中していますが、
    トップスにブラック、足元には発色良いブーツを合わせたスタイリングに合うGrayを選択。

    16wtp07-m-01-dl_1.jpg

    P07 : Smith pants by Dickies

    ワークウェアの雄、ディッキーズとのWネームでリリースとなるこのパンツ。
    ディッキーズ定番のT/Cツイルを前身に、後ろ身はスウェット地に切り替える事で、
    アクセントの効いたヴィジュアルを作り上げています。
    遣い勝手を考慮に入れてAllblackをセレクト。

    16wtp13-m-01-dl_1.jpg

    P13 : Damian overall

    バイクに乗る時やイジる時、
    あるいはさっと散歩に連れて行く時なんかに凄く良さそうです。

    DSC_3257.jpg

    チロもなんだかご機嫌です。

    16wtmn15-m-01-dl.jpg

    MN15 : Mouton mods coat

    Puzzle seriesと同じくスペイン産メリノウールを用いて仕立てられたモッズコート。
    外出して歩けば、寒いどころか逆に暑くなってしまうんじゃないのかってくらい防寒性に優れています。
    このアウターにインナーベストを合わせた向かうところ敵無しの最強防寒でこの冬のライドは乗り切りたいと思います。

    16wtcp04-m-01-dl.jpg

    CP04 : Biloxi hat

    ラビットの中でも最上級として知られるアンテロープを使用しています。
    Brownや、Navy、それにIndigoと言ったカラーと間違いなく好相性。

    19型。全23アイテムが、僕が今季手に取ったアイテムです。
    これはあくまで自身の解釈で、答えだなんて言うつもりは毛頭もありません。
    ただ、今季リリースされたアイテム達を用いて楽しむ自身の生活に添ったスタイル、
    その提案を行うにあたって良いと
    感じたモノ選びの事実に嘘はつけません。

    モノの良し悪しを判断する基準は人それぞれかと存じます。
    今季、ご自身の判断で良いと思ったアイテムを手に入れて頂ければglambスタッフとして冥利に尽きます。

    glamb Tokyo TAGAMI

  • 昨日は突然の豪雨。
    大粒の雨が地面を打ち付けるように降り出し、
    時々、雷も鳴っていましたから、外に出るのが億劫でしたね。
    そんな悪天候だった昨日が嘘のようにカラッとした天気に恵まれた本日。
    暑さで溶けそうなくらいですが、冬コレクションのアイテムを
    ご紹介させていただきます☆

    16wtp04-s-04-dl.jpg

    LY16WT / P04 : Nolan wide bottom

    ゆったりとしたシルエットがエレガントな印象のボトムス。
    巷でよく見るワイドボトムと違うのは
    ウエスト部分に設けた2箇所のタックです!
    流麗なプリーツを生み、より洗練された面持ちに。

    バイカラーのウエストベルトを生かしたコーディネートが◎

    16wtp04-s-08-dl22.jpg

    16wtp04-s-10-dl23.jpg

    16wtp04-s-09-dl24.jpg

    続いては、

    16wtop04-s-03-dl.jpg

    LY16WT / OP04 : Ellabell onepiece

    裾にあしらったレースが贅沢なワンピース。
    大胆にカッティングされたサイドから揺らめくシルエットが
    どこか優雅さを感じさせます。
    こちらはスウェット素材のワンピースにレースのペチワンピを
    重ねたアイテムになりいます。

    16wtop04-m-04-dl.jpg

    1枚では勿論、長い丈のアウターと重ねても十分な存在感を発揮☆

    16wtop04-s-08-dl.jpg

    上質な肌触りが魅力の

    16wtop02-s-01-dl.jpg

    LY16WT / OP02 : Aisle onepiece

    ネック部分の着こなしで差が出るワンピースです。

    16wtop02-s-06-dl.jpg

    そのままUネックとして着用することは勿論、
    広めに設けたネックを生かしてオフショルとしても着用可能。

    16wtop02-s-07-dl.jpg

    今冬は女性らしいデコルテを強調して
    色気を意識してみるのも◎。
    体のラインにすんなり馴染むシルエットもお勧めポイントです。

    16wtknt01-s-03-dl.jpg

    LY16WT / KNT01 : Eden knit

    着回しのきくアイテムを1枚は持っておきたいもの。
    今冬でお勧めするならこちらのニットです。
    揺るゲージで編まれ、バルーン袖のディテール、ゆったりとしたサイジング
    落ち着いたカラーバリエーション、
    掛け合わせるアイテムに寄り添うようなシンプルなデザインは
    お手持ちのアイテムとも相性良くまとまると思います。
    長く愛用できるアイテムだからこそ、肌馴染みのいい素材感も
    活躍の場が広がりそうな1枚です。

    16wtknt01-s-06-dl.jpg

    16wtknt01-s-12-dl.jpg

    16wtknt01-s-08-dl.jpg

    16wtknt01-s-10-dl.jpg

    それではまた

    glamb Tokyo KAMIIRISA

Profile

glamb Tokyo blog
glamb Tokyo≪グラムトーキョー≫
〒150-0001東京都渋谷区神宮前3-34-6 H.I.Pビル 1F
TEL : 03-3746-9950
tokyo@glamb.com
営業時間 PM12:00-PM8:00
水曜日 AM10:00-PM6:00
2016/08
SunMonTueWedThuFriSat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31